ネスト・ジャパンについて   


活動の目的        

 日本では,発達障害に対する啓発が十分とは言えず,多くの発達障害の子どもたちとその家族は,さまざまな誤解のもとで社会参加に制限を受け,孤立し不登校やひきこもりの状態になったり,二次的な精神障害を併発するなどのリスクが高いことが指摘されています。一般の子どもたちとペースが合わず,仲間や活動拠点を得ることに失敗してしまったり,家族も苦しみ,孤立感を味わうことが少なくありません。
 発達障害の人たちとその家族が当たり前に生活できるためには,同じ感性,同じ悩みを共有し,自分のペースで活動することが自然に受け入れられるような仲間づくりと活動拠点づくりが必要です。
 ネスト・ジャパンは,発達障害の人およびその家族を対象とした仲間づくりや余暇活動の支援,個別の相談,専門家の人材育成などを行うことを通して,発達障害およびその関連領域の福祉と教育の向上に努め,社会の利益の増進に寄与することを目的としています。

名前の由来        

「ネスト」(nest)は,英語で「動物の巣」,つまり「活動拠点」という意味です。「ネスト」にはまた,「入れ子の状態にする」という意味もあります。

 「人間は社会的動物である」とアリストテレスがかつて述べたように,私たちはいつも何らかの社会集団に所属しながら生活しています。たとえば仕事をもつ人は会社,学生はクラスという集団に所属しています。所属する集団は1つだけではありません。会社やクラスに所属しながら,それ以外に趣味の集まりやクラブ活動などの集団に参加することもあります。私たちの暮らす社会には大小さまざまな集団があり,「地域社会」などの大きな集団の中にいくつもの小さな集団が,時には何重にも入れ子のように含まれています。私たちは自分が所属する集団をもち,そこを活動拠点とするとともに,そこに所属する人たちと仲間関係を築きながら自分のアイデンティティを形成していきます。

 一方,発達障害の人たちは通常の社会集団の中で少数派になってしまうことが多く,孤立感をもつことがしばしばあります。発達障害の人たちが意欲的に参加でき,仲間づくりができるような活動拠点をつくることで,健全なアイデンティティの形成を支援したい,と私たちは考えています。そのような活動拠点を,地域社会の中に入れ子のように位置づけていきたいと考えています。「ネスト・ジャパン」の「ネスト」には,こうした私たちの希望が込められているのです。


代表理事 本田秀夫

信州大学医学部附属病院子どものこころ診療部部長・診療教授。東京大学医学部卒。 医学博士。専門は発達精神医学。横浜市総合リハビリテーションセンターで約20年にわたって発達障害の人たちと家族の支援に従事。2009年4月から2010年8月まで横浜市西部地域療育センター長を兼務。2011年4月、山梨県立こころの発達総合支援センター開設に伴い、同所長に就任。2014年4月より現職。日本自閉症協会理事。日本児童青年精神医学会代議員。日本自閉症スペクトラム学会評議員。日本発達障害学会評議員。全国情緒障害教育研究会顧問。JDDネットワークながの理事。


副代表理事 鮫島奈緒美 
横浜国立大学院修了。臨床心理士。1989年より発達障害の人たちと家族の支援に従事。横浜市総合リハビリテーションセンター、宮崎市総合発達支援センター勤務を経て2010年独立。宮崎県発達障害者支援センター等で相談業務を行う他、学校カウンセリング、乳幼児健診事業に携わる。宮崎県特別支援教育エリアサポーター。宮崎県臨床心理士会副会長。


 ホームへ