ホーム  |  戻る
浅川ダムに対する竹内久幸の考え方

浅川は過去に幾多の災害をおこして来ました。それは、上流部における急峻な地形により、土砂が流出し、平坦部は天井川を形成するなどの歴史を見ても明らかです。(長野市の資料)
この事態に、流域周辺に住む皆さんからは一日も早く不安が解消される様、行政に対して強い要望が出されて来ました。そして、昭和52年に天井川の改修や護岸工事とともにダム建設のため「実施計画調査」が採択されました。
 しかし、近年自民党の利益誘導型政治への批判も含め公共事業の見直が叫ばれる時代となり、全国的にダムの可否が論議されるようになり、長野市内では「地附山地滑り災害」の経過から浅川ダムの安全性が共産党の皆さんから提起される様になりました。

実は私の住む地域も都市型水害に悩まされており、私が市議会議員になった昭和58年、私を後継者として推薦頂いた藤倉武元市議会議員から水害対策に一生懸命取り組むことを引き継がれていました。そして、度重なる水害を通じ「現場主義」を貫き「どうしたら抜本的に水害を解消出来るのか」追求していった結果、過去そして現在も利害の対立が 続いている上流、下流での用水や区の意見対立も含め、浅川がしっかりした機能を果たさなければならないことが、一 つの重要なカギであることに気づきました。

長野市東北部の河川は、上流部の中心市街地から下流部の農業地帯へ流れる構造になって おり、下流は上流部での都市化を想定していない頃、農業用水として整備され、下流に行けば行くほど農業用水が細分化され細くなる構造となっています。
 しかし、高度経済成長などで上流部での開発が進み、この地域では集中豪雨時には、あちこちで都市型水害が発生する様になりました。

この事態に長野市でも貯留能力11万トンの雨水調整池や貯留能力6千トンの長野運動公園地下調整池をはじめ浅川へ流入する支川流域への調整池を7か所整備したり、小中学校へのグランド貯留、裾花川から流入する河川水門の遠隔操作、開発行為や区画整理事業への行政指導、各家庭への浸透桝の設置指導などの取り組みをし来ました。

しかし、まだまだ上流部での開発は進んでおり、対策は間にあわない状況です。この原因は、これらの河川は浅川に流入し、その浅川は千曲川へ流入するのですが、千曲川は中野市の立カ花で狭隘となっており、千曲川の水位が上昇すれば浅川の水は流れない。当然、浅川に流入する支川も流れなくなるという長野市の抱える構造的な宿命があるのです。
 また、この宿命を解消するのに排水機場の能力アップは実施して欲しいのですが、千曲川下流でも58年、59年と連続する台風により堤防が決壊する被害が起きていることを考えると、同じ水害に苦しむ住民として自分勝手なことを強くは主張出来ません。

そこで考えたのが、下流にも迷惑をかけない様、長野市による支線流域への雨水調整池整備 の促進と、県での浅川の天井川改修に伴う、流量を抑制した都市型水害発生地上流での浅川への雨水カットの手法です。そして、この手法は流量計算の上でも浅川ダムによる洪水調整が前提となります。

しかし、ダム建設については地滑りによる安全性の指摘や公共事業の見直しなど反対運動もはじまり、安全性についてどうなることかと見守って来ました。
 県は、この安全性について「客観的な立場で技術的な検討を行うため」として、平成11年7月に学識経験者による「浅川ダム地すべり等技術検討委員会」を設置しました。そして、この検討委員会は計7回の委員会を開催し、今年2月に「県が計画している地すべり対策はおおむね妥当であり、ダム建設に支障となる第4紀断層ない。」旨の意見書を提出しました。
 また、今年4月には県の「公共事業評価監視委員会」が「浅川ダムの安全対策については、浅川ダム地すべり等技術検討委員会の意見を十分踏まえ、速やかに事業を進められたい。」旨の意見書が提出され、県はこれを踏まえ9月議会に浅川ダム工事の工事請負契約に関する議案を提出し、議会もこの議案を採択しました。
 これらのダムの安全性に関する一連の経過について、私は正直な気持ち安堵致しました。なぜなら地滑り面や断層といった地学的な判断は、専門家の判断を信じるしか方法がないからです。

本来一級河川である浅川の役割は、流入する支川の受け入れも含め、幹線としての役割をはたすべきものです。私は、天井川の改修、今後予定されている下流域での護岸改修、そして、浅川ダムの整備と排水機場の能力アップによってこの役割と機能が、60%は達成できると期待しています。
 しかし、浅川ダムは総合治水対策の一環として必要ですが、浅川は河川の構造からダムを作っても最下流域へ流入する流量は抑制されますが水害の心配は解消される訳ではありません。水害を抜本的に解消するためには千曲川の抜本改修と、上流部で浅川へ流入する支川上流部へ雨水調整池を整備し、浅川への流入を抑制する施策が必要です。
そのために私は、過去2回、県議会においても千曲川の抜本改修についての県の国に対する積極的な取り組みや、市町村が行う雨水調整池の整備に対する補助制度の創設などを質して来ました。また、千曲川については、流入する水量を抑制するために流域市町村が内水貯留をする取り組みや、個人の家庭においても浸透桝設置を義務付けるなど県民の責任と参加も求めて来ているところです。


私は今回の田中知事の「一時中止」について、住民の多くの皆さんにダムの安全性についてまだ不安があるのであれば、新たに「検討委員会」を設置して「すみやかに」結論を出すことはやぶさかではありません。しかし、「ローマは一日して有らず」「水害対策は党利党略でなく、過去の先人の苦しみと努力の上に積み上げられている。」ことを、過去に取り組んできた皆さんへ感謝の一言ぐらい表明するパフォーマンスと弁証法があっても良いのではないかと思います。 11月22日に田中知事が長野市長と面会した折りに、塚田市長が手渡した資料の中には、江戸時代初期の長沼城の城主が浅川が氾濫するのでルートを変えてしまい、そのことが現在の新たな水害に繋がっている資料があります。そんな封建的なワンマンな殿にならない様、私も地域の皆さんの意見をよく聞いて、水害撲滅のため積極的な提案を行っていきたいと思います。

最後に浅川の抜本対策には、千曲川や浅川へ流入する支川も含めた、もっと幅広い総合治水対策が求められています。私は、現在長野市に対しても浅川へ流入する支川のある地域への親水公園的な大雨水調整池の整備を求めています。
 しかし、国は今年発生した東海地方での都市型水害発生を教訓に検討はしている様ですが、こうした施設整備へのうまい補助制度はありません。また、県にも補助制度は無く、9月議会での私の質問に「財政状況が厳しいので、当面は市町村が国へ要望する際に支援していく。」としています。
 しかし、浅川とその周辺の総合治水対策の一翼を長野市が担うにしても、用地買収なども含め多額の金額がかかるのが現実です。
 互いの面子や党利党略だけでなく、どうすれば水害から一日も早く地域住民の不安を解消できるのか、県の補助制度を具体化するなど、お金の使い方も含めて、もっと真剣に論議をしていきたいと思います。

ホーム  |  戻る