2003年8月のニュース

「県民協働ネット」がホームページ開設     2003.8.1   ▲戻る

 私の所属する県民協働ネットでは、8月よりホームページを開設しました。
内容は、県民協働ネットとしての議会改革や各議案への対応を「ニュース」や「議会報告」で紹介するとともに、会派が提案した議会改革等に関する文書を出来る限り「発表資料」として紹介しています。
 また、県民協働ネットが行っている各種調査活動については「調査活動」として紹介しています。
 しかし、急遽ホームページを開設したため、会派を構成する議員メンバープロフィールの写真が私にとって不満であったり、「リンク」の充実や「政務調査費」「掲示板」の開設については、今後、順次行うことになります。
 今後さらに充実した内容にしたいと思いますので、是非ともご覧頂き、皆様からご意見を頂ければ幸いです。

「県民協働ネット」ホームページ

「教育セミナー東京2003」に参加して     2003.8.12   ▲戻る

 8月7日から8日にかけて日本教育新聞社主催の「教育セミナー東京2003」が東京内幸町の「イイノホール」で開催され、県民協働ネットを代表して文教企業委員会委員である私が出席しました。
 この研修会は主に教師を対象とした講座ですが、学習指導要領の改定と総合学習の時間の設置と基礎学力の検証、学校の自己点検・自己評価の在り方、習塾度別指導の在り方、教員人事評価制度の現況等について興味深い内容であり、本県においても急激な教育改革が求められていることから、何か生かせることがあればと思い出席しました。
 以下、その内容について報告します。

一般会計補正予算案に計上された主な事業
■緊急雇用創出特別基金事業費 10億9,356万1千円
臨時的な雇用機会を創出(雇用創出延べ人員 約71,000人日)
県 事 業 18事業 4億3,918万円
    市町村事業 79事業 6億5,438万1千円
 主な内訳 
  ・建設産業支援コーディネータ設置事業 4,649万3千円(現地機関に配置)
  ・建設産業雇用対策森林整備事業費 1億5,745万円(森林整備業務への参入誘導)
  ・建設産業の農業分野進出資金融資利子補給金交付事業費
                      390万円(債務負担行為3,923万8千円)
                      (金融機関が行った融資に利子補給)
■新世代地域ケーブルテレビ施設整備事業費  3億9,762万5千円
  ケーブルに対して助成。(事業箇所3ヶ所)
■チャイルドライン支援事業費 250万円
  子ども専用電話の活動に必要な経費を助成。
■みどりのダム森林保水力調査事業費 537万6千円
  砥川流域において森林の保水力の変化を調査し、今後の森林整備方法を検討。
  (平成15年度〜25年度)
■学校事故被害者等支援事業費 657万8千円
  学校において重大な事故などが起こった場合の被害者の支援態勢の整備。

「村山橋」暫定2車線来年の夏供用開始予定     2003.8.22   ▲戻る

 県が平成10年度から本体工事に着手して来た国道406号の長野市〜須坂市間の「村山橋」橋梁整備事業の第1期工事(4車線の道路橋と長野電鉄鉄道橋の内、千曲川上流に位置する暫定2車線) 平成16年(来年)夏に供用開始となる見通しになりました。
 これは8月22日に開催された「村山橋建設促進期成同盟会」の総会で、須坂・長野両建設事務所から概況説明等で見通しが明らかにされたものです。
 同盟会総会で第1期工事の供用開始の見通しについて、長野建設事務所管理計画課長は「来年の秋に近い夏」と表現しました。
 村山橋については、大正15年に全国的にも珍しい鉄道との併用橋として架設されたものですが、幅員も狭く、歩道もなく、大型車のすれ違いや歩行者の安全確保、交通渋滞の解消ということから県の新渋滞対策プログラムにも位置付けられていたものです。
 完全4車線化に向けた第2期工事や長野電鉄の鉄道橋の見通しについては、下部工は既に完成していますが、公共事業の見直しの中でまだ具体的整備計画は示されていません。
 この村山橋の整備については長野電鉄との基本協定や施行協定に時間がかかった経過もあり、第2期工事や鉄道橋整備に向けて早期計画の具体化が問われる段階となりました。

戻る