2003年2月のニュース

ボランティアを募集しています。     2003.2.3   ▲戻る

竹内久幸後援会では、ボランティアを募集します。
 政治は今、政治家の保身から国民の政治不信のみならず、国民生活の先行きが見えない情況に陥っています。
 竹内久幸は長野県政の改革のみならず、県政の改革と健全化を通して国においても新たに国民や県民が将来に安心出来る政党への信頼と政治を築く決意に燃えています。
 しかし、意識の多様化の中で情況は厳しく、今、まさに理念に燃えた皆さん方にボランティアとしてお手伝い頂くことが必要です。
 つきましては、事務所の事務や雑務、チラシ配布などご協力頂けます方々のポランティアを募集しています。
 ご協力頂けます方は、下記へメール又はお電話を下さいますようお願い致します。

後援会事務所電話:  026(259)1322
竹内メールアドレス: jc3h-tkuc@asahi-net.or.jp

2月定例会県議会の日程と代表質問へのご意見募集     2003.2.11   ▲戻る

 2月定例県議会が、2月20日から3月18日の日程で開催されます。
今議会は議員にとって今期最後の議会であると同時に、田中知事再選後に初めて提案する新年度予算を審議する重要な議会です。
 特に、県財政を健全化するため提案されている「財政改革プログラム(案)」については、これまで県民の皆様をはじめ議員や市町村、職員、各種団体等に意見を募集して来ましたが、寄せられた400件を超える意見がどの様に反映されたプログラムとなり、予算に反映されているのか。各種事業の見直し(廃止・縮小など)や、公共事業の大幅縮小、県職員の給与カットや外郭団体職員給与カットの意向等々による県内経済への影響、知事の「長野モデル創造枠予算」の具体的内容や景気・雇用対策効果と見通し、新たな入札制度による県内景気への影響、授業料・使用料・手数料の値上げと県民生活への影響、治水・利水対策の具体的見通し、新たな財源確保の方向等々、県議選を前に県民に将来の県政と県民生活の姿が見えるよう活発な論議を私は期待しています。

 ところで、この2月議会において私が社会県民連合を代表し、2月28日(金)午前10時から持ち時間約1時間の質問を行うことになりました。
 現在、私も改選に向けた情勢が極めて厳しいため、まだ構想を考えていませんが、皆様から代表質問に関するご意見を募集します。

 つきましては、お気軽に質問内容について、メールにてご意見をお寄せ下さい。

 なお、2月定例県議会の日程は次の通りです。

  2月定例県議会の日程
2月 20日(木)13:00−2月議会開会(本会議・議案提案)(「脱ダム記念日」)
  26日(水)〜28日(金)各10:00−各党派代表質問及び議案質疑
 
(28日10:00−12:00頃まで、竹内久幸・社会県民連合代表質問)
3月 3日(月)〜 7日(金)一般質問及び質疑
  10日(月)〜14日(金)委員会
  17日(月)総務委員会
  18日(火)2月定例県議会閉会(本会義・議案採決)

池田清・長野市議会議員がホームページ開設     2003.2.12   ▲戻る

 私が4期務めた長野市議会議員を辞職し前回県政に挑戦するにあたり、市議後継者として自治労の池田清さん(更北・市社会事業協会職員)と、地元後継者として高野正晴さん(朝陽・自営業)のお二人に決意を頂き、みごと当選されました。
 その後のお二人の市政や地元における責任感あるご活躍には、私も頭の下がる思いで一杯です。
 さて、そんな池田清さんがHPを開設しました。
 池田さんは長野市の主に福祉部門を担う(委託の要素が強い)社会事業協会職員として活躍され同組合結成の中心として活躍し、その後、私の自治労長野市労連の後継者として、長野市で委託されている「福祉の現場に光をあてる」ためにも自分が議会で発言する決意をし前回みごとに当選された方です。
そして現在、日本経済や平和が脅かされる中、現政治では解決の方向を導き出せなことに対し政治不信や無党派層が増大する情況に対し、真剣に「市民自治確立の確立」をテーマに議会活動を行っており、長野市政の将来にとって無くてはならない存在だと私は確信しています。
どうか、池田市議の開設したホームページをリンク頂きご意見、ご要望をお寄せ下さい。
 なお、アドレスは下記の通りですのでご覧下さい。

http://www10.plala.or.jp/gikai-21/

戻る