2000年8月のニュース

県単公共事業費、9月補正予算で90億円の追加 2000.8.25

4日からはじまる9月定例県議会に県単独公共事業で、90億円の補正予算が提出されることになりました。
 これは低迷する景気動向の中で、国の公共事業への景気対策の一方で県の厳しい財政状況を健全化するため、県は土木、農政、林務の3公共県単独事業について、ここ数年前年度対比でマイナスの施策を行って来ましたが、県内の特に中小業者の受注の減少、議会各会派からの強い要請を受けて行ったものです。  当初知事査定が始まった時点では約20億円の補正予算でしたが、社会県民連合や県政会などの強い要請もあり、また、県税収入が見込みを20〜30億円程度上回っていることもあり追加されたものです。しかし、前年度同時期(9月補正後)と比較して総額では約515億円で、8%下まわっています。
 社会県民連合は、8月17日に県単事業の大幅な補正予算での追加について吉村知事に申し入れを行いました。
戻る