2000年10月のニュース

廃棄物不法投棄をヘリで空から監視     2000.10.6

 長野県警は、この10月10日から、問題となっている山間部などへの廃棄物の不法投棄を摘発するため県廃棄物対策課とともにヘリコプターを使って空から監視するバトロールを開始する。
 これは先に行われた9月県議会において総務警察委員会や商工生活環境委員会で要望されていたもので、今年7月3日社会県民連合の宮城県での産業廃棄物処理場調査の時、宮城県では空からヘリコプターで監視をしている事を知り、「地上からパトロールしても山林などの場合は発見しにくいのではないか。」「空から監視していることをアピールすることによって、不法投棄の防止につながるのではないか。」と、会派として委員会に提起したものです。
 県警では、県内全域を年内に二巡する計画です。

長野市が介護サービス利用実態調査     2000.10.7

 長野市は、4月1日から介護保険制度がスタートして約半年が経過したことから、全ての要介護・要支援認定者を対象に(約7、500人)、「介護サービス利用実態調査」を実施しています。
  この調査は、介護サービスの利用状況や利用希望、事業者の対応等の実態を把握し、サービスの質の向上と確保に役立てるとともに、事業者の評価と指導に活用することを目的についてます。
 調査の方法は、今年9月21日現在で要介護・要支援認定を受けている方全員を対象にした、郵送によるアンケート調査で、回答期限はこの10月20日としており、市では年内に結果をまとめたいとしています。

 調査内容は、次の通りです。
-------------------------------------------------------------------
問1 あなたの世帯の状況についてお聞きします。
 (1)あなたの世帯は?
   1、ひとり暮らし 2、高齢者(65歳以上)のみ 3、子供等と同居 4、その他
 (2)あなたの世帯主の主たる生計者は?
   1、本人 2、配偶者 3、子供又は子供の配偶者 4、その他
--------------------------------------------------------------------
問2 介護サービスの利用の有無をお聞きします
  1、利用した (施設サービスのみの方は、問5へお進み下さい。)
  2、利用しなかった (問4へお進み下さい)
--------------------------------------------------------------------
問3 在宅サービスについてお聞きします
 (1)あなたは4月以降、平均してどのくらい在宅サービスを利用しましたか?
  @訪問通所 (サービス毎に、表であらわした日数等に回答=省略)
  A短期入所 (月毎に、表であらわした日数等に回答=省略)
 (2)あなたは4月以降、上の表の中で(ここでは略)全額自己負担で利用したサービスがありましたか?
   1、ある (@訪問通所、A短期入所)
   2、ない
--------------------------------------------------------------------
問4 問2で「利用しなかった」という方にお聞きします
   介護サービスを利用しなかった理由は?(次の中から2つ以内選んで番号に○をして下さい)
   1 介護サービス(介護保険)がよくわからなかったから
   2 特にまだ介護サービスを利用するほどではないから
   3 家族などに介護してもらっているから
   4 病気などで入院中だから
   5 利用料を支払うのが困難だから
6 事業者が予約でいっぱいだったから
7 その他(            )
--------------------------------------------------------------------
問5 今後の介護サービスの利用希望についてお聞きします
   これから介護サービスをどのように利用したいですか?
(すべての介護サービスの該当する欄に○をしてください)  
@ 在宅サービス (各サービス内容から、新たに利用したい、もっと多くしたい、現状で良いなどを選択・表は略)  
A 施設サービス (施設への入院・入所について、新たに入院・入所したい、このまま入院・入所したい、
できれば退 所・退院したいとうを選択・表は略)
--------------------------------------------------------------------
問6 居宅介護支援事業者(ケアマネージャー)についてお聞きします
 (1)居宅サービス計画(ケアプラン)を作成する居宅介護支援事業者(ケアマネージャー)の対応は?
(現在利用している事業者の名称を記入し、「はい」「いいえ」「どちらとも言えない」の中から1つに○をして下さい)
  事業者の名称(         )

  訪問したときや電話での対応は親切ですか   はい いいえ どちらとも言えない
  サービスの種類、内容、利用方法などを分かりやすく説明してくれますか 上記以下略
  サービス事業者を自由に選ぶことができることを説明してくれましたか
  サービスの選択や変更に当たって希望を十分に聞いてくれますか
  少なくとも1ヶ月に一度は自宅を訪問し、相談にのってくれますか
  必要な時にケアマネージャーと連絡がとれるようになっていますか
  サービス事業者との連絡・連携は十分にとってくれますか
  介護保険以外のサービスやボランティアサービスについても検討してくれますか
  苦情に対しては誠実に対処してくれますか

 (2)居宅介護支援事業者を変更したことがありますか?
   (該当する番号に○をし、「ある」の場合は変更前の事業者の名称を記入し、その理由を記入してください)
  1、ある 変更前の事業者の・名称(            )      その理由(                )
  2、ない

 (3)その他のご意見(                )
--------------------------------------------------------------------
問7 介護サービス事業者についてお聞きします
 (1)在宅サービスを利用した方にお聞きします。在宅サービス事業者の対応は?
(利用した事業者等の名称を記入 し、利用した在宅サービスの中から1つ選んで番号に○をし、
「はい」「いいえ」「どちらとも言えない」の中から1つに ○をしてください)
 @事業者又は施設の名称 (             )
  1 訪問介護(ホームヘルプサービス)
  2 訪問入浴介護
  3 訪問看護
  4 訪問リハビリテーション
  5 居宅療養管理指導
  6 通所介護(テ゛イサービス)
  7 通所リハビリテーション(デイケア)
  8 短期入所(ショートステイ)
  9 特定施設入所(介護付有料老人ホーム)
10 福祉用具の貸与・購入
   利用者への言葉づかいや対応は親切ですか はい いいえ どちらとも言えない
  利用者の人権やプライバシーの保護に配慮していると思いますか 以下同上・略
  サービスの内容や利用料について事前に十分説明してくれましたか
  利用者や家族の希望を尊重してくれますか

食事、入浴、排せつなどは適切に行われていますか
  訪問や送迎のときの時間は正確ですか
  苦情に対しては誠実に対処してくれますか
◎複数の事業者又は施設を利用している方があるため、この同じ設問をABとしている。

 (2)施設に入所・入院された方にお聞きします。施設サービス事業者の対応は?
(入所・入院した施設の名称を記入し、施設の区分の中から1つ選んで番号に○をし、「はい」「いいえ」「どちらとも 言えない」の中から1つに○をしてください)
  @事業者又は施設の名称 (             )
   1、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
   2、介護老人保健施設(老人保健施設)
   3、介護療養型医療施設(療養型病床群等)

   利用者への言葉づかいや対応は親切ですか     はい いいえ どちらとも言えない
  利用者の人権やプライバシーの保護に配慮していると思いますか 以下同上・略
  サービスの内容や利用料について事前に十分説明してくれましたか
  利用者や家族の希望を尊重してくれますか

食事、入浴、排せつなどは適切に行われていますか
介護や看護を行う職員体制や設備は十分だと思いますか
  苦情に対しては誠実に対処してくれますか
 ◎複数の事業者又は施設を利用している方があるため、この同じ設問をAとしている。

 (3)その他のご意見(                 )
--------------------------------------------------------------------
 この調査票にご記入された方は? (該当する番号に○をしてください)
1、本人 2、親族 3、その他(            )
--------------------------------------------------------------------
このアンケート調査の内容は、簡略化してありますのでご了解下さい。

県知事選挙の結果と今後の対応について     2000.10.16

 15日投票が行われた知事選挙は、田中康夫氏が池田典隆氏に11万5千票余りの差を付け当選しました。
私は社会県民連合の一員として池田氏を推薦し選挙戦を行いましたが、今回の結果について厳粛に受け止め今後の県政に臨みたいと思います。

 私の所属する社会県民連合は当初知事候補の対応について、県政会から要請のあった池田氏を県政与党として同一歩調をとり出場要請して欲しい趣旨の働きかけに対し、「政策も分からない人を推薦出来ない。」とし辞退しました。
 そして、他にも噂されていた小山氏も含め「県政に挑む態度と政策」について回答を求め検討した結果、友好団体とも協議し池田氏の政策がより具体的であり、我々の考え方に近いとして、これまで社会県民連合が主張し吉村県政で果たし得なかった幾つかの課題について政策協定を結び、7月4日に池田氏を推薦しました。また、この過程で多選の弊害から池田氏は当選したとしても二期を限度として欲しいという要請も行いました。
 その後、「民間から新しい知事を」とする運動に押され、田中氏が9月7日に出場を表明。予想しなかった田中氏について、私としても、また社会県民連合としても「どの様な人か」「作家といっても、どの様な著書を書き、どの様な活動をしているのか」実際に田中氏の著作をみんなで検討しました。また、田中氏が9月13日に発表した政策についても真剣に検討しました。
 その結果、政策は池田氏より抽象的であるが評価できる。しかし、これまでの作家活動で出している「東京ペログリ日記」は、青少年健全育成という県政の果たす重要な役割から考えても影響が大きく推薦出来ないという結論に達しました。

 選挙戦に入り、私もこれらのことを訴えながら活動を行いました。
しかし、選挙戦が進むにつれ、県政会と県民クラブ、各市町村長が池田氏に出場を要請した当初の誤りが「体制翼賛会的」と批判され、社会県民連合の対応もその中に埋没し、41年余り続いた県庁出身知事が作り出した県の官僚的体質を変えようという雰囲気が浸透して行きました。
さらに、多くの人が注意してもどこかで出される田中氏の倫理観や私生活への中傷ビラ、週刊誌のコピーが、政策論議を埋没させ有権者を池田氏から引き離す結果となりました。終盤は正直言って「早く終わって欲しい。」と思う選挙になりました。

 しかし、私は池田氏を推薦したことについて後悔はしていません。
なぜなら真剣に検討した結果、田中氏は全く知りませんでしたし(過去市長選で知らない人を一生懸命応援して、最終的には市民の皆さんに迷惑をかけたことがある)、同氏が過去に記事を書いていた雑誌は今問題となっている有害図書等の自動販売機で売る類だったからです。
 このことは選挙の個人演説会でも訴えましたが、長野県は唯一「青少年保護育成条例」を持たない県ですが、今、長野県内にはこの腫の有害図書を売る自動販売機が増加しており、青少年補導団体等から県議会へ再び条例制定の請願を出す動きがあるからです。
 田中新知事が自らの過去を反省し条例を制定するのか。それともそうした作家としての「表現の自由」を守り条例は作らないのか。注目するところですが、どちらを選択しても「五輪帳簿問題」は「五輪帳簿問題」であり、「有害図書問題」は「有害図書問題」であり、今後県議会で行われるこうした論議は、マスコミでも流され子供達には良い影響は与えないと思ったからです。

 結果は、田中新知事が誕生しました。
 多くの県民が選んだ選択は、県職出身知事が続くことにより作り出して来た独特の官僚機構を変えるには、幾つかの問題はあっても田中氏に託したいという気持ちの表れでした。選挙期間中、「なぜ竹内さんが池田を押しているのかと、噂している。」とか「自分のことを考えれば、やめた方が良い。」と忠告してくれる電話も頂きました。また、直接お話するおりに先の私が押している理由も話しましたが、「田中さんに問題があっても、一期だけでも1年だけでもやらせないと県政は変わらない。」という声が日増しに大きくなって行きました。

今回の知事選の結果は、県民の多くの皆さんが選択したことであり、私はこの結果を重く受け止めています。

 私は、田中新知事の人間性や施策を見極めながら、これまで通り、県民にとって有益なことは積極的に賛成し、田中氏個々の倫理観や一部個人や一部企業に荷担するような提案は厳しくチェックして行きたいと思っています。
 また、私自身も新人議員ですが、改めて地方自治の在り方と議員の役割を問い直し、県民生活の向上と県政活性化のため一から出直したいと思っております。

 皆様からも、率直なご意見をお寄せ下さい。

「みんなの夢」へ向かって    2000.10.22

東部地区総合文化施設 チャリティーコンサート

 東部地区(北堀・小島・信州大学付属小学校北側)に、ホールや多くの練習場をそなえた文化施設を早期に作るため活動をしている、「東部地区文化施設早期建設チャリティーコンサート実行委員会」(千野長重実行委員長)は、10月22日、第4回コンサートを開催しました。  このコンサートは、4年前より朝陽地区を中心に周辺の地域から、音楽活動を行っている個人やグループが出演し、音楽活動を通じて多くの練習場などを備えた文化施設の必要性を訴えて来ました。また、文化施設が成した後も、みんなが望んだ施設として、地域の文化活動の拠点として大切に活用されることも目的として掲げています。
 コンサートには、地元の朝陽小学校の吹奏楽部、朝陽ハーモニカフレンド、アルパ(インディアンハープ)、河藤流創作邦舞、丸山光雄さんのギター演奏、メイプル(ファゴット・アンサンブル)のみなさんが出演し、最後のエンディングでは今回初めて実行委員会の皆さんが、早く文化施設が出来ることを願って作詞、作曲した「みんなの夢」の全員合唱が行われました。

 参加した250名を越えるみなさんは、時にはジックリと聴き入り、時には手拍子をとり、最後に出演した朝陽小学校吹奏楽部の演奏が終わった時には「アンコール」「アンコール」と叫ぶ声があがり、拍手がなりやみませんでした。
 出演者と会場、そして実行委員会が一つになった、手作りの素晴らしいコンサートでした。
 この、コンサートで出た収益金は「東部地区総合文化施設建設促進期成同盟会」や「朝陽地区社会福祉協議会」へ寄付され、施設の早期建設のための活動や、地域福祉の推進のために役立てられます。

 東部地区総合文化施設の整備については、市の第3次総合計画にも位置付けられ、地元の調整により建設予定場所も確定していますが、周辺の幹線道路整備が課題となっています。
 今、この道路整備については「市東北部道路対策委員会」から私が委員長を務める専門委員会に検討が依頼され、道路整備の手法や地元の合意、整備主体などについて検討が行われています。このコンサートの熱意を肌で実感し、出来るだけ早く周辺道路が位置付けられ、整備出来るよう頑張る決意を改めて致しました。

チャリティーコンサートのうた
みんなの夢

君のいった言葉にうなずく奴がいる
手を貸そうと集まる仲間がいる
大切な人と 大切な時を
作るため色あせぬ夢を追うために
出来ないと目を閉ざし あきらめる前に
問いかけてみよう 君の心に
いつの日か 叶えよう 君の夢を
いつの日か 叶えるさ みんなの夢を

空っぽな建物に こだまする声
夢が現実に なる時を信じて
歌う奴がいて 聞きたい奴がいて
そして始まるよ 僕らのコンサート

みんなで楽しもうよ 君の瞳が輝く
肩を組んで歌えば 君も仲間さ

みんなの夢 集まって 一つになって
いつの日か舞い降りる この街に

僕らの祭りは今 始まったばかり
僕らの祭りは今 始まったばかり

戻る