日本語版 目次細目


ホームページへもどる


凡例


  1. 各号は巻数・号数・発行年月日・頁数・号名・定価を挙げ、続いてイラストレイション他のスタッフを記し、そのあと小説作品・読物作品・コラムの順に挙げた。
  2. 巻数・号数・発行年月日・定価は奥付にしたがった。
  3. 頁数は表紙を1頁とし、裏表紙を最終頁とした。
  4. 号名は表紙に書かれているものを挙げた。
  5. 小説作品は掲載順に題名・作者名・翻訳者・掲載頁を挙げた。ただし、第3巻第6号までは作品ごとに翻訳者名がないため、〈翻訳スタッフ〉として最後にまとめて挙げた。
     題名は作品掲載に表記されているものに従い、目次と違っている場合は、それを明記した。
     作者名は作品に表記されているものに従った。号により表記が違う場合も、すべてその号の表記に従って挙げた。
     原題は《索引編》に挙げたため《細目編》では省略した。
     また、パロディ風ショートショートやコントについては、小説作品として扱わなかった。
  6. 読物作品は掲載順に題名・作者名・掲載頁を挙げた。ただし、共通連載名をもつものは、その名のもとにまとめた。また、小見出が内容を判断できる場合などは、合わせて挙げた。連載ものについては、目次や見出に書かれた連載名と連載回数を挙げた。連載回数が間違っている場合も、そのまま挙げた。
  7. 目次と本文で表記が異なる場合は本文によった。ただし、適宜目次を参照した。
  8. コラムは1頁に満たない囲み記事等をすべて掲載順に挙げた。ただし、共通コラム名をもつものは、その名のもとにまとめた。
  9. 特集記事は特集名を 特集名 で示し、特集の終わりは
                   ★       ★
     で示した。
  10. 作者名をクリックすると、作家別索引の当該ページを表示するようにした。


TOPへ