学年誌付録小説リスト


ホームページへもどる


本誌雑誌別リスト

海外作家索引

国内作家索引 (訳者の索引含む)

挿絵画家索引 (表紙画家の索引含む)


■はじめに

 

 学年誌とは、小学生・中学生を主な読者として、各学年ごとに対象年齢を絞って発行された学習雑誌をいう。中心となったのは小学館と学習研究社で、この二社からは、敗戦直後の昭和22年(1947)には、すでに幼稚園・小学一年から六年までの七誌が刊行されている。小学館ではこれに加えて、さらに高学年向けの「中学生の友」「女学生の友」があった。小学館の学年別雑誌は、学習ページもあるものの、どちらかというと読み物に重点が置かれているのに比べ、学習研究社のそれはより学習のためのページや記事が中心となっていた。これに広島図書株式会社の「ぎんのすず」シリーズ、集英社の「よいこ」シリーズなどが続く。

 昭和三十年代にはいると、講談社から「たのしい幼稚園」~「たのしい六年生」が創刊。また中学生、高校生向けの学習誌も増えていった。

 まず昭和24年から続く旺文社の「中学時代」が、昭和31年(1956)11月に「中学時代三年生」に誌名変更。同時に「中学時代一年生」「中学時代二年生」が創刊される。翌年、昭和32年(1957)4月には、小学館の「中学生の友」が「中学生の友1年」に誌名変更し、「中学生の友2年」「中学生の友3年」が刊行を開始する。この二誌の誌名変更過程の違いは、両誌の性格の違いを表している。読み物中心だった「中学生の友」は低学年向けになり、当初から進学雑誌だった「中学時代」は三年生向けになった。また同時期に学習研究社からは「中学一年コース」「中学二年コース」が創刊されている。さらに1960年代に入ると、高校生向けの学習誌も学年ごとに刊行されるようになった。

 こうした中学生向け学年誌が増えている中で、もっとも古くから刊行されていた「中学生の友」は1963年で休刊し、「ボーイズライフ」として生まれ変わる。一方、同じ小学館の「女学生の友」は、学習雑誌というより少女向けの読み物雑誌であったためか、1970年代後半まで存続し、この雑誌からジュニア小説というジャンルが生まれていった。

 これら中学向け学年誌には、学年別に分かれた当初より、毎月のようにA6判(文庫サイズ)の小説の付録冊子がついていた。その中には児童文学や世界文学も含まれていたものの、多くが翻訳のミステリやSF、それも大人向けの作品のリライトであった。60年代後半になると国内作家によるオリジナル作品が増え、ユーモア小説や恋愛をテーマとした作品もあらわれてくるが、あいかわらずホームズやルパンなど、ミステリ作品の人気は高かった。しかし1970年代に入ると、テレビをはじめとした芸能ニュースやアイドル情報が中心になり、小説の付録冊子は70年代後半に徐々に姿を消していく。

 この毎月のように学年誌に付録小説がついていた時期、すなわち昭和30年から40年代(1955~1974)には、中流家庭の就学児童・生徒の多くが、いずれかの学習雑誌を定期購読していた。したがって、これら学年誌の付録によってはじめて海外のミステリやSFに接した者も少なくないと思われる。その中には、これが初訳であったり、他に翻訳の見当たらない作品もある。ミステリやSFの輸入史を語るのに避けて通れない一面である。にもかかわらず、これまでまとまった資料が存在しなかった。

 今回、不明点が多い状態でこのリストを発表するのも、そうした現状をわずかでも改善したいと考えたからだ。もしリストの間違いや新たな情報をご存じの方がいらっしゃれば、ご教示いただければ幸いである。

(一部、文章変更 2016.05.06)

(追記/2016.04.16)

 ネットに公開してから、多くのかたより、貴重な情報を提供していだだきました。この場をかりてお礼申し上げます。データの追加にあわせて、間違いの修正、および一部表記の変更を行いました。

(最終更新日 2016.10.10)

 


■本誌雑誌別リスト 凡例

 

■海外作家索引 凡例

 

作家名  作家名原綴り  作家情報  ★作家備考

 

■国内作家索引 凡例

 

 作家名  (作家名よみ) ★作家備考

  ●翻訳/リライト

 

■挿絵画家索引 凡例

 

   画家名  (画家名よみ) ★画家備考

 


 このリストを作成にあたり、主に下記の施設・著作・サイトの資料やデータを参照しました。また奈良泰明氏、白石秀一氏、喜国雅彦氏、戸田和光氏、おーかわ氏、日下三蔵氏、廣島保生氏、伊藤民雄氏、JSHC東京例会様、風々子様、すぺくり古本舎様、書肆盛林堂様より貴重なデータをご教示頂きました。このほかにも多くのサイトを利用しております。ありがとうございます。

 


 TOPへ