瀬戸川猛資 編

ミステリ絶対名作201


ホームページへもどる

ベスト集フロントページ


 瀬戸川猛資編の『ミステリ絶対名作201』(新書館/1995)で選ばれた1970年代までの「絶対名作」を201冊。それ以降は姉妹編『ミステリ・ベスト201』(新書館/1994)の方にあげたため、この本にはない。「絶対名作」はオールタイム・ベストぐらいに解釈すればいいらしい。

 瀬戸川をはじめとした数人のミステリ通(池上冬樹・小山正・川出正樹・温水ゆかり・松坂健・村上貴史)が選び、ジャンルによって分類され(本格/ハードボイルド&警察/サスペンス&スパイ/その他)、分類ごとに選者たちの座談会がある。各ジャンルは作品の発表年代順になっていて、各作品に簡単な評がついている。キーティングのものとくらべ選評の内容がややものたりないのは、分量のせいもあるだろう。

 他では見られない珍本がいくつも挙げられている珍しいベスト表だ。


●本格

TOPへ

●ハードボイルド&警察

TOPへ

●サスペンス&スパイ

TOPへ

●その他


ページ先頭  ベスト集フロントページ