アメリカ探偵作家クラブが選んだ

ミステリBEST100

The Crown Crime Companion: The Top 100 Mystery Noveles of All Time
Selected by The Mystery Writers of America


ホームページへもどる

ベスト集フロントページ


 MWAの会員のアンケート集計。1995年に本になり、1996年に『アメリカ探偵作家クラブが選んだミステリBEST100』(ジャパン・ミックス)として邦訳された。集計作業を行ったのはミッキー・フリードマン。この企画の基には、1990年に行われたCWAのアンケート本 The Hatchards Crime Companion: 100 Top Crime Novels Selected by the Crime Writer's Association があったことは疑いないだろう。

 MWAの現役会員に十のジャンルごとに好きな作品を五作ずつ選んでもらい、それを集計して総合ベストを出している。その他に、各ジャンル別のベスト、好きな作家、お気に入りの兇器などの項目が並ぶ。ただし獲得票数の記載はない。複数のジャンルで名前のあがった作品は、最も多くの名が挙がったジャンルに含めなおしたとのこと。ジャンルは以下の通り。CWAのジャンル分けや、早川書房が行ったアンケートでのジャンル分けと比べてみると、お国柄がわかって面白い。

  →ジャンル別ベスト表へ

 票がわれてベスト集計に名前がのらなかった作家として、マージェリー・アリンガム、ローレンス・ブロック、サイモン・ブレット、ジェームズ・リー・バーク、ジェームズ・エルロイ、ディック・フランシス、マーサ・グライムズ、ヘレン・マッキネス、ナイオ・マーシュ、サラ・パレツキー、ロバート・B・パーカー、エラリー・クイーン、ジョルジュ・シムノン、コーネル・ウールリッチの名が挙がっている。

 その他、以下のベストが載っている。

  →なんでもベスト3へ



ページ先頭  ベスト集フロントページ