ミステリマガジン

読者が選ぶ海外ミステリベスト100


ホームページへもどる

ベスト集フロントページ


 早川書房の雑誌《ミステリマガジン》誌上で一般の読者を対象に、古今の翻訳ミステリの中から「私が好きな作品」をサブ・ジャンルごとに五冊づつ選んでもらい、それを集計したものである。同誌の1991年6月号に「読者が選ぶ海外ミステリベスト100」として発表され、のちに『ミステリ・ハンドブック』として解説付きでハヤカワ文庫に収録された。

  サブ・ジャンルは以下の通り。 →ジャンル別ベスト表へ

 同時に「好きな探偵」を男女各三名のアンケートも行っている。

  →好きな探偵ベスト表へ

 同じようなサブ・ジャンル方式をとったMWAやCWAのジャンル分けと比べると興味深い。主人公のタイプで分類するやりかたは、他には見られない方法だが、実用的で理にかなっているともいえる。

 このとき、「本格的な冒険・国際謀略・スパイ小説、ホラー」は対象からはずしている。これは、別にアンケートをとる予定があったからで、冒険・スパイ小説については翌年の1992年に行われた。

 投票に先立って、各作品がどのジャンルに属するかの目安と、投票者の記憶を助けるため、長谷部史親氏が参考作1000作を選んでいる。

 応募総数は620通。これに一位に10点、二位に9点、三位に8点と点をつけて集計している。のあとの数字が得点。好きな探偵も同じ。



ページ先頭  ベスト集フロントページ