CWAが選んだミステリベスト100

(ジャンル別)

Hatchards Crime Companion: 100 Top Crime Novels Selected
by the Crie Writers' Association (Susan Moody ed.)


ホームページへもどる

ベスト集フロントページ

CWA総合ベスト100



●創始者たち

  1. The Moonstone (1868) 『月長石』ウィルキー・コリンズ★創文 ★総合8位
  2. The Thirty-Nine Steps (1915) 『三十九階段』ジョン・バカン★創文 ★総合20位
  3. Sherlock Holmes Complete Short Stories (1887) 『シャーロック・ホームズ短篇全集』アーサー・コナン・ドイル★新文・創文・他 ★総合21位
  4. Tales (1852) 『ポオ短篇集』エドガー・アラン・ポー★短篇集/創文・他/具体的にどの本を指しているのか不明 ★総合23位
  5. The Woman in White (1860) 『白衣の女』ウィルキー・コリンズ★岩文・国書刊行会 ★総合28位
  6. The Hound of the Baskervilles (1902) 『バスカヴィル家の犬』アーサー・コナン・ドイル★新文・他 ★総合32位
  7. 不明
  8. Trent's Last Case (1913) 『トレント最後の事件』E・C・ベントリー★創文・他 ★総合34位

ジャンル目次へ

●黄金時代

  1. The Murder of Roger Ackroyd (1926) 『アクロイド殺し』アガサ・クリスティ★ハ文・創文 ★総合5位
  2. Gaudy Nifht (1935) 『大学祭の夜』ドロシー・L・セイヤーズ★春秋社(抄訳) ★総合4位
  3. The Nine Tailors (1934) 『ナイン・テイラーズ』ドロシー・L・セイヤーズ★創文・他 ★総合18位
  4. Ten Little Niggers (1939) 『そして誰もいなくなった』アガサ・クリスティ★ハ文 ★総合19位
  5. The Tiger in the Smoke (1952) 『霧の中の虎』マージェリー・アリンガム★HMM83.04-06 ★総合26位
  6. The Three Coffins (The Hollow Man) (1935) 『三つの棺』J・D・カー★ハ文 ★総合40位
  7. The Poisoned Chocolates Case (1929) 『毒入りチョコレート事件』アントニー・バークリー★創文 ★総合41位
  8. A Bullet in the Ballet (1937) キャリル・ブラームス&S・J・サイモン ★総合70位
  9. The Beast Must Die (1938) 『野獣死すべし』ニコラス・ブレイク★ハ文 ★総合81位

ジャンル目次へ

●警察小説

  1. Last Seen Wearing ... (1952) 『失踪当時の服装は』ヒラリー・ウォー★創文 ★総合12位
  2. Cop Hater (1956) 『警官嫌い』エド・マクベイン★ハ文 ★総合36位
  3. The Dead of Jericho (1981) 『ジェリコ街の女』コリン・デクスター★ハ文 ★総合37位
  4. Under World (1988) 『闇の淵』レジナルド・ヒル★HPB ★総合61位
  5. Deadheads (Death-Heads) (1983) 『薔薇は死を夢見る』レジナルド・ヒル★HPB ★総合71位
  6. Gorky Park (1981) 『ゴーリキー・パーク』マーティン・クルーズ・スミス★ハ文 ★総合82位
  7. Gideon's Day (1955) 『ギデオンの一日』J・J・マリック★HPB ★総合87位
  8. Sadie When She Died (1972) 『サディーが死んだとき』エド・マクベイン★ハ文 ★総合96位
  9. The Murder of the Maharajah (1980) 『マハーラージャ殺し』H・R・F・キーティング★早川書房 ★総合97位

ジャンル目次へ

●心理サスペンス

  1. Malice Aforethought (1931) 『殺意 』フランシス・アイルズ(A・バークリー)★創文 ★総合16位
  2. A Dark-Adapted Eye (1986) 『死との抱擁』バーバラ・ヴァイン(ルース・レンデル)★角文 ★総合29位
  3. Strangers on a Train (1950) 『見知らぬ乗客』パトリシア・ハイスミス★角文 ★総合38位
  4. A Judgment in Stone (1977) 『ロウフィールド館の惨劇』ルース・レンデル★角文 ★総合39位
  5. A Kiss Before Dyning (1953) 『死の接吻』アイラ・レヴィン★ハ文 ★総合44位
  6. The Talented Mr. Ripley (1955) 『太陽がいっぱい』パトリシア・ハイスミス★角文・河文 ★総合45位
  7. Brighton Rock (1938) 『ブライトン・ロック』グレアム・グリーン★早川書房《グレアム・グリーン全集6》・他 ★総合46位
  8. A Demon in My View (1976) 『わが目の悪魔』ルース・レンデル★角文 ★総合49位
  9. Beastin in View (1955) 『狙った獣』マーガレット・ミラー★創文 ★総合78位
  10. The Collector (1963) 『コレクター』ジョン・ファウルズ★白水社《Uブックス》 ★総合86位

ジャンル目次へ

●フーダニット

ジャンル目次へ

●歴史ミステリ

  1. The Daughter of Time (1951) 『時の娘』ジョセフィン・テイ★ハ文 ★総合1位
  2. The Name of the Rose (1980) 『薔薇の名前』ウンベルト・エーコ★東京創元社 ★総合13位
  3. The False Inspector Dew (1982) 『偽のデュー警部』ピーター・ラヴゼイ★ハ文 ★総合27位
  4. A Morbid Taste for Bones (1977) 『聖女の遺骨求む』エリス・ピーターズ★教文 ★総合42位
  5. The Leper of Saint Giles (1981) 『死への婚礼』エリス・ピーターズ★教文 ★総合43位
  6. The Devil Velvet (1951) 『ビロードの悪魔』J・D・カー★ハ文 ★総合50位
  7. Bertie and the Tinman (1987) 『殿下と騎手』ピーター・ラヴゼイ★ハ文 ★総合356位
  8. Death Comes as the End (1944) 『死が最後にやってくる』アガサ・クリスティ★ハ文 ★総合83位

ジャンル目次へ

●ロマンティック・サスペンス

  1. Gaudy Nifht (1935) 『大学祭の夜』ドロシー・L・セイヤーズ★春秋社(抄訳) ★総合4位
  2. Rebecca (1938) 『レベッカ』デュ・モーリア★新文・他 ★総合6位
  3. My Brother Michael (1960) メアリー・スチュアート ★総合55位
  4. Nine Coaches Waiting (1958) メアリー・スチュアート ★総合62位

ジャンル目次へ

●スリラー

  1. Rogue Male (1939) 『追われる男』ジェフリー・ハウスホールド★創文 ★総合14位
  2. The Day of the Jackal (1971) 『ジャッカルの日』フレデリック・フォーサイス★角文 ★総合17位
  3. A Coffin for Dimitrios (1939) 『デミトリオスの棺』エリック・アンブラー★ハ文 ★総合24位
  4. Eagle Has Landed (1975) 『鷲は舞い降りた』ジャック・ヒギンズ★ハ文 ★総合54位
  5. The Danger (1983) 『奪回』ディック・フランシス★ハ文 ★総合59位
  6. The Rose of Tibet (1962) ライオネル・デヴィッドソン ★総合65位
  7. Twice Shy (1981) 『配当』ディック・フランシス★ハ文 ★総合78位
  8. Gorky Park (1981) 『ゴーリキー・パーク』マーティン・クルーズ・スミス★ハ文 ★総合82位
  9. The Sun Chemist (1976) ライオネル・デヴィッドソン ★総合88位
  10. The Guns of Navarone (1957) 『ナヴァロンの要塞』アリステア・マクリーン★ハ文 ★総合89位

ジャンル目次へ

●スパイ小説

  1. The Spy Who Came in from the Cold (1963) 『寒い国から帰ってきたスパイ』ジョン・ル・カレ★ハ文 ★総合3位
  2. The Ipcress File (1962) 『イプクレス・ファイル』レン・デイトン★ハ文 ★総合9位
  3. Tinker, Taylor, Soldier, Spy (1974) 『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』ジョン・ル・カレ★ハ文 ★総合33位
  4. From Russia With Love (1957) 『ロシアから愛をこめて』イァン・フレミング★創文 ★総合35位
  5. Berlin Game/Mexico set/London Match (1983-85) 『ベルリン・ゲーム』『メキシコ・セット』『ロンドン・マッチ』レン・デイトン★光文 ★総合58位
  6. The Third Man (1950) 『第三の男』グレアム・グリーン★早川書房《グレアム・グリーン全集11》 ★総合72位
  7. Other Paths to Glory (1974) 『隠された栄光』アントニイ・プライス★早川書房 ★総合73位
  8. The Berlin Memorandum (1965) 『不死鳥を倒せ』アダム・ホール★ハ文 ★総合74位
  9. The Riddle of the Sands (1903) 『砂洲の謎』アースキン・チルダーズ★筑摩書房《世界ロマン文庫》 ★総合92位
  10. The Key to Rebbecca (1980) 『レベッカへの鍵』ケン・フォレット★集文 ★総合95位

ジャンル目次へ

●ハードボイルド

  1. The Big Sleep (1939) 『大いなる眠り』レイモンド・チャンドラー★創文 ★総合2位
  2. Farewell, My Lovely (1940) 『さらば愛しき女よ』レイモンド・チャンドラー★ハ文 ★総合7位
  3. The Maltese Falcon (1930) 『マルタの鷹』ダシール・ハメット★ハ文・他 ★総合10位
  4. The Long Good-Bye (1953) 『長いお別れ』レイモンド・チャンドラー★ハ文 ★総合15位
  5. The Postman Always Rings Twice (1934) 『郵便配達夫はいつも二度ベルを鳴らす』ジェイムズ・M・ケイン★ハ文・他 ★総合30位
  6. The Glass Key (1931) 『ガラスの鍵』ダシール・ハメット★ハ文・他 ★総合31位
  7. The Lady in the Lake (1943) 『湖中の女』レイモンド・チャンドラー★ハ文 ★総合47位
  8. Red Harvest (1929) 『赤い収穫』ダシール・ハメット★ハ文・他/別題『血の収穫』 ★総合94位

ジャンル目次へ


TOPへ