奈良県明日香村の ”犬養万葉記念館”が完成し、2000年4月1日オープンされました。
当館のオープンまで、建設状況や犬養先生の関係資料、書籍紹介などについて発信しましたが、今後は当館のイベントなどについて発信していきます。
最新更新日:2003年1月12日

 







犬養孝 先生 人生最後の朗唱歌
「闘病中の病室にて(平成10年8月中旬)」


 わかの浦に 潮満ち来れば 潟を無み

   葦辺をさして 鶴鳴き渡る


山部赤人(巻六−九一九




MENU
おもいぐさ
(ナンバンギセル)
つゆくさ
つばき

ぬばたま
(ひおおぎ)
しろたえ
ひめゆり
万葉集の
豆知識





<トピックス>


犬養万葉記念館が、2000年4月1日(土)13時にオープンしました。
犬養先生の思い出いっぱいの この館のオープンテラスで、
思いで話などしてみてはいかがでしょうか。


開館関連行事は、ここ からご覧ください。
犬養万葉記念館が完成しました。
 2000年4月オープンに向け、着々と準備が進んでいます。
明日香村ホームページに 犬養万葉記念館情報 が掲載。
犬養孝さんを偲ぶ追悼展 奈良生駒市・美楽来(1999.3.31)
 奈良県生駒市の万葉歌碑の建立に尽力し、昨年10月に亡くなった犬養孝・大阪大学名誉教授をしのぼうと「生駒の万葉 犬養孝先生追悼展」が、同市の芸術会館「美楽来(みらく)」で3月18日〜4月18日まで開かれている。
 万葉集の時代、生駒は大阪・難波と奈良を結ぶ交通の要所。万葉集には生駒の地を詠んだ歌が6首収められ、市民有志が1998年から6カ所に万葉歌碑を建立した。犬養さんは、そのすべての歌碑の文字を揮ごうした。
 会場には、碑文用に書いた直筆の書や愛用の万年筆、書簡、著書などを展示。万葉の地をこよなく愛した生前の犬養さんをほうふつさせ、興味深い。また、犬養さんが朗唱したテープが流れている。
 開館時間は、9時〜17時。月、火曜日と祝日は休館。問い合わせは、同館(0743−74−1101)へ。
3月4日に起工式が行われる。
 明日香村に建設される「犬養万葉記念館」の起工式が、1999年3月4日に行われました。いよいよ、2000年春のオープンをめざして、建設が進みます。
展示や運営のための協力金を募集中。
 このほど「犬養万葉記念館に協力する会」(中谷一代表)が発足し、記念館の展示や運営のための協力金を募っています。発起人は、網干善教氏(関西大学名誉教授)や漫画家の里中満智子さん、歌手のペギー葉山さんら約80人。
 協力金は企画展の準備や運営費の一部として使用されます。一口5千円で募集は来年3月末まで。希望者には趣意書と郵便振替用紙を郵送されます。
 お問い合わせは、同会事務局(電話:0742−44−0373)まで



このホームページは、明日香村及び犬養記念館建設関係者とは、
まったく関係ありません。文責はすべて”古代の学舎”にあります。

Top Pageへ戻る