トップページヘ

              2020年7月の出会い
                         (虫との出会い・今月の行事・新刊の案内など)

★☆彡★
☆今週の虫占い☆(7月5日~7月11日)
トウキョウヒメハンミョウ~~ソーシャルディスタンスは、
ぼくたちのツツツツ歩きを真似するとうまくいくだろう

★☆彡★

7月10日。国分寺市在住の友人・赤羽じゅんこさんが私の詩集
なんじゃらもんじゃら👒ともだち』をブログでご紹介くださっています。
自分で気になっている詩を印象に残った詩として取り上げていただくと、
ほっとして嬉しさも倍になるから、調子いいですね~~。そのようなことでも
皆さまのご感想全て有難く、頭に刻み込む毎日です。ありがとうございます!


トップページヘ



7月9日。コロナに加えて梅雨末期の大雨が日本中で大暴れしています。
私の故郷でも、友人が一晩だけ、知人宅に避難したり、雨漏りがしたり……
でも、それぐらいで幸運だった、と慰めるほどの被害のひどさに呆然とします。

何年ぶりかで庭にスジグロシロチョウが飛来しました。10年以上も
前には、スジグロばかりでしたのに、最近ではモンシロばかりだったので、
スジグロの大きさにびっくり。キュウリの花から吸密。雨が小やみの8日に撮影。



今朝はひんやりとしていて、寒がりの「るる」は、お気に入りのクッションを
背にして朝寝。近づくと目を覚ますので、台所から撮り、ボケました。




トップページヘ



7月5日。東京都知事選挙。東京都は財政的に豊かだといわれてきたのに、
コロナで一気に貧しくなっているようですが、子どもたちが育っていく
環境(学校や家庭、地域での)だけは護ってほしいですね。
~~昨年度の税収は黒字だったと、再選された小池知事の弁でしたが……~~

はたちよしこさんがブログで、拙詩集『なんじゃらもんじゃら👒ともだち
を、ご紹介いただいています。詩人のはたちさんはお花がお好きなので、
「なんじゃもんじゃ」の花の詩を取り上げてくださってます。あの花の
不思議な白さは、一度見ると、病みつきになりますね。今回の詩集で、
故郷の同級生が電話をくれて、庭に大きな「なんじゃもんじゃ」の木が
あることがわかり、2人で共時性を感じて喜び合いました。

昨年、里山のKさんにいただいたボタンクサギに1個だけ花が着きました!
その名の通り、臭いけど、花は紫に近いピンクできれいですよ。



トップページヘ



★☆彡★
☆今週の虫占い☆(6月28日~7月4日)
ナミアゲハ~~ナミ=並み。並みがあるから並みではないものがあるんだよ

★☆彡★

7月4日。お会いしたことはないけど、もう10年以上も前からの「虫友・うさこさん」が
フランスのラ・サブレジェンヌ店のサブレを送って下さいました!いつも
珍しい物をありがとうございます。凝った缶の白猫の愛らしいこと。

   

紙袋のデザインはリス2匹。子どもに媚びることなく、大事に大事に育てて
いこうという気持ちが、お菓子にもあらわれていて、フランスかぶれの私はうっとり!




トップページヘ



7月3日。絵本作家の内田鱗太郎さんが、『なんじゃらもんじゃら👒ともだち』を
ブログでご紹介くださっています。九州人同士で同じ年齢、ということもあって、
内田さんのご活躍をいつも頼もしく思っているのですが、このようにおほめに
あずかり、とても嬉しいし「こそばゆか!」です。ありがとうございます。


大好きなハンゲショウ(半夏生)が、ミョウガのやぶのなかで清楚です。
お茶を習うまでは「半化粧」と書くのかと思っていました。「半化粧」と
書くこともあるようですが、半夏生の方が素敵ですね。夏至から
11日目あたりに花序をつけるところからの命名だとか。



庭中に70個以上も穴を開けていたトウキョウヒメハンミョウが羽化して、
あちこちで、動き回っています。まだ、数個の穴が開いています。どうやって
蛹になるのか興味津々なのですが、ほじくり出して飼育する勇気が出ません。




トップページヘ



7月2日。「もとまち里山クラブ」活動日。マスクをして里山に入らないといけない日が
くるなんて、想像もしなかったです。でも、急坂を上ると息切れがするので、
誰もいないその間はマスクを外していい空気を胸いっぱいに吸い込みました。

今日の主作業はジャガイモ掘り。メークインは痩せていましたが、
男爵とキタアカリはそこそこ。木が伸びて、日陰が部分多くなりましたね~~。



畝を掘り起こしていたKさんがトカゲの卵を7個も発見!ぷにゅぷにゅしていて、
びっくりしました。こんなに柔らかでいいのでしょうか。連れて帰りたかった
けど、孵化するとアッシュが狙うので、次女宅の庭に再度埋めることにしました。




トカゲの卵を入れているビニール袋に、1、5センチほどの細長い虫がいました。
あまり綺麗なので撮りましたが名前が不明。カミムラカワゲラに似ているけど、
背中の模様が違います。ニシザワカワゲラにしちゃおうかな?

~~里山のお仲間・和田さんナガヒラタムシ、と同定してくださいました。
その名前で調べてみたら、学術的にも貴重な虫だとわかりました!何億年も
前から生存していた虫らしく、絶滅危惧種に指定している県が多いようです。
確かに風格がありますね。和田さん、ありがとうございました!~~3日・追記~~




カブトムシ捕獲用のトラップに入っていたガ。翅がぼろぼろですが、
目玉の脅しはくっきり残っていてよかったですね。お仲間がトラップから
出すと、雑木林の木漏れ日の中へ飛んでいきました。イボタガの仲間?

~~こちらも和田さんが同定してくださいました!オスグロトモエ。♂が黒い、
ということは、こちらは♀ですね。トラップにかかって、翅はズダボロですが、
ガンバって卵をたくさん産んでくださいね~~3日・追記~~

☆目玉の大きさがオスグロトモエよりも大きいといわれるハグルマトモエでは?とも
思えていたら、和田さんも同じように思えるとメールをくださいました。ということで、
ハグルマトモエ・♀で一致しましたが、詳しい方ご教示くださいね~~4日・追記~~




トップページヘ



7月1日。今年も半年が過ぎました。2月頃から不気味な広がりをみせていた
コロナウイルスは、3月になると、もう他所ごとではなくなってきました。
今では世界中を席巻しており、東京でも連日若い感染者も出ています。

そんななかでも、季節は移ろい、ウマノスズクサの花が咲き始めました。
昨年、里山のお仲間・和田さんにいただいた苗がこんなに育ちました。
ジャコウアゲハの幼虫の食草なので、産卵に来てくれるのを待っています!



ウマノスズクサの蕾。オモシロイ形ですね~~。



トップページヘ