トップページヘ

         2018年2月・今月の出会い
                           (虫との出会い・今月の行事・新刊の案内など) 

☆★☆

2月23日。同じ国分寺市在住の赤羽じゅんこさんの『なみきビブリオバトル・ストーリー2』(さ、え、ら書房)
が出ました。お仲間4名と、4人の子どもたちのビブリオ・バトルを描くというユニークな本作りです。
前に出された『なみきビブリオ・ストーリー』の続編で、4年生の子どもたちの日常が生き生きと描かれ、
バトルを終えた後には、友情や兄弟愛が育っていて好感が持てます。ビブリオ・バトルがどのようなものか、
ご存じない方も、読んでいるうちに、ああ、こんな決まりか、とか、この本読んでみたいなとか思ってしまう
巧みな筋立て。4名の作者の本への思い入れまで感じられ、読み応えがありました。ぜひ、ご覧下さいね!



トップページヘ



2月22日。誰が言い出したか「ニャンニャンニャン」の語呂合わせで、今日は猫の日
拙著『猫年2月30日』(てらいんく刊)も、この日に合わせての発売です。
はたちよしこさん赤羽じゅんこさん、ブログでのご紹介ありがとうございます!

最近のわが家の猫たちの様子。寒の戻りに弱くて、全員がほとんど暖房の部屋から出られません。
左側が『猫年2月30日』の中扉に採用された(笑)5歳のアイドル・るる。手前は12歳になった
るるは3兄妹の末っ子。平和主義者で、重い頭を乗っけられても、こんな顔で我慢します。でも、甘ったれ。




左下~~いばりんぼうのショボ(繭の兄)も、寒さと眠気にはかなわない。爆睡中。 
右下~~3兄妹の真ん中娘・くう。捻れてるよね、しっぽと気持ち。しょっちゅう抱っこをせがむのも仕方がないね。


   

3兄妹の兄のアッシュは、下記14日付けバレンタインデーの♥耳のところをどうぞ!
あの後、野良猫とけんかして、耳を3カ所も怪我して、模様が少し変わりかけています。

トップページヘ



2月17日。若さあふれる同人誌『泳げ!』主宰で「がんこちゃんシリーズ」(NHK)のシナリオを
担当しておられる押川理佐さんが可愛い絵本を出されました。「ねこまるせんせい」シリーズの
姉妹版とも呼べそうな『しまきちせんせいのひなまつり』(絵・くすはら順子さん 世界文化社)
「ねこまるせんせい」もいいけれど、押川さんの元気なファンタジーは現代っ子風の
しまきち先生にもぴったり!「こざかなえん」は今日もにぎやかです。



トップページヘ



2月15日。「もとまち里山クラブ」の日。今日は落ち葉かきとツタンカーメンのエンドウ豆に
笹を立てる作業に参加。温かくて汗をかきました!(ツルを出した時につかまる物があると、丈夫な苗になります)

   

竹笹についていたオオカマキリの古い卵嚢。赤ちゃんが出た跡が見えます。



こちらはハラビロカマキリの卵嚢。まだ赤ちゃんが入っています。



トップページヘ



2月14日。どきどき、わくわくのバレンタインデーを過ごしておられますか?幾つになってもどきどき、
わくわくするのはいいことですね。今年はイタリアの友チョコを頂き、眺めて愉しんでいます!



お心のこもった手作りのクッキーも同封されていました。ラッピングの言葉にも胸がいっぱい!



アッシュからは、♥マークの贈り物。アッシュの右側の耳の付け根は、♥マークで、
左側の付け根は東京都の銀杏マーク。ここでは樹木みたいに見えますが、見る角度で銀杏にそっくり!




トップページヘ



2月12日。墓参りに行ってきました。墓地の隣は、広い史跡。公園にするための工事が続いています。
見慣れたスズカケが痩せて見えるのは、今年があまりに寒いから?まさかねぇ。



観光客が多い「お鷹の道」を通って帰りました。水が涸れることもある2月のこの時期にしては、
野川に注ぐ湧水はまずまずの流れ。あちこちに浮かぶ苔の塊は、規模こそ違え尾瀬の池塘に似ています



カワニナが書いた「」。「2月は逃げる」と、言いながら、あちらへ去って行くところ。
今日の日差しがカワニナの気分をご機嫌にしているのでしょうか。




こちらのカワニナくんは、ちょっとシュールな絵文字。キノコか傘か?ナスカの地上絵の真似かな?
この野川近辺でホタルの再生を!と活動する者としては、もし実現すると、こののどかな光景が
見られなくなり、それどころかカワニナ一族は多大な犠牲を強いられる……複雑~~な気持ち。




トップページヘ



2月7日関東地方も酷寒が続き、虫の姿は皆無です。雪が溶けた後のゴミ溜まりで、
よく見かけたカメムシやカマキリの亡骸などにも、とんとお目にかかりません。最近ますます
弱い虫たちや心優しい人たちが、生きにくい国になっているのでは?と心配になります。

ねこ新聞」に、『猫年2月30日』(てらいんく刊)の広告を掲載していただきました。広告のお隣の欄が
室生犀星さんのお孫さんの猫の写真集で、びっくりしました。高校生の頃は、犀星ファンで、
ファンレターを出したほどでしたので。(そのお返事の葉書とサイン入りの文庫版は宝物です!)



今朝、庭で羽の白い模様が美しいジョウビタキと鉢合わせ!とても、嬉しかったけど、相手は悪戯を
見つかった子どものように驚き、すぐに飛び去ってしまいました。マンリョウの実が一段と減ってました!

トップページヘ



2月1日昨夜の皆既月食はご覧になりましたか。大田区在住の友人からきれいな「ブラッド ムーン」が
写メで送られてきて、遅ればせながら外へ出ましたが、既に月は中天高く、それでも怪しい色を鑑賞しました。
7時頃はまだフツーの「満月」で、お風呂場からも見えましたよ。(黒いのは、目隠し用のアボガドの幹)



午後から降り始めたあられに濡れながら、福寿草の花芽があちこちに顔をだしています。
彼岸花の細長い葉っぱの上には、1月22日の雪が氷になりかけています。




トップページヘ