トップページ


  • 企画展 胸像建立記念町田久成展
    2017年7月29日(土)~9月24日(日)


    2017年4月8日(土)浦安音楽ホール オープニングに合わせて、中村晋也作
    『春に奏でる』の除幕式が行われました。『春風の調べ』も展示されています。







    2016年11月14日
    東京国立博物館に
    中村晋也作
    初代町田久成館長像が建立されました。



    奈良 薬師寺
    2015年6月3日
    「西塔の四相像」が公開されました。
     
  • 公益財団法人中村晋也美術館

  • 「公益財団法人中村晋也美術館」は鹿児島市松元町に1996年設立し、1997年4月オープンした。この地は文化勲章受章中村晋也氏がアトリエとして制作活動を続けているゆかりの地であり、現存作家のアトリエに隣接した美術館は全国でも希有な存在といえ、その意義は大きい。館内には1000点を超える作品が収蔵され、氏の60余年にわたる制作の足跡をたどることができ<る。県内外のモニュメンタルな作品から、パリ留学時代の詩情あふれる「葉のシリーズ」,また愛、祈りなど人間の感情を掘り下げた具象作品、さらに「ミゼレーレ」の部屋や「薬師寺十大弟子」の部屋には作家の深い魂への思索が満ちあふれ、崇高な世界へと誘ってくれる。彫刻の楽しみをこころゆくまで堪能していただけるよう細かな配慮がなされ、館のここかしこにが感じられる美術館となっている。  2008年8月、中村晋也の芸術世界を顕彰すべく、「ブロンズ原型展示室」を新築し、美術館2号館として開館した。2号館には、7メートルを超す大レリーフ「愛の国伝説」、大阪城の「豊臣秀吉公像」等が展示されている。







  •