ビールメーカーが缶コーヒーに本格参入したのは80年代に入ってからのこと。信じられないだろうけれど、左がアサヒビール、右がサッポロビールの出した初代の缶コーヒー。どちらも炭酸飲料のブランドで出しているところが時代ですな。スリーアローとはもちろん三ツ矢で、アサヒビールの子会社。サッポロは子会社ではないが、ソフトドリンクのブランドであるリボンで缶コーヒーを出したのだった。