NEWS-2016は写真撮ったどー!!

 
モンタナ ピンク負け
白勝ち
 
キングサリ・黄蓮華つつじ
 
 
 上マルコポーロ下カサブランカ



イエスタデイ 

メインは柏葉アジサイ
 
メインはセシルブルンネ


アスタリスク**********************************アスタリス
2015は腰の椎間板が2つつぶれているらしく2014年末から
坐骨神経痛に襲われ立っても座っても寝てもいられないほど
の痛み(高圧電流に感電したかのような分厚い痺れの痛さ)で
痛みは治まっても腰から下が冷えてしまい
上半身夏でも下半身は真冬となり
生きるので精一杯な日々が続き
コツを得たような気でいたら足の筋肉がゲそっと落ち歩くのがしんどく
続いて膝にきました左から5年は経っている右ひざがついに壊れましたー
散々です。ポンコツながらもヨチヨチがんばる2016年は
冬の極寒の期間が短かったためか花芽がたっくさんバラも沢山咲きました
ありがたいです!
アスタリスク**********************************アスタリス
2013はお休みしたのだと今わかりました
2月の大雪は一時陸の孤島となり、幸い停電にはなりませんでしたが
恐怖を感じる時があった程の大災害だったのですが
大雪の恩恵とでもいいましょうか、春の花芽の多いこと!
山の桜から山帽子まで一面に花が付きました。
バラも同様に花芽が凍らなかったのだと思います。
夢に見ていたバラのジャングル(ちょっとオーバー?!)
の様になりました。バラゾウ虫が非常に少なかったのも理由
の1つ。だめになりかけていた2010年に購入した
ピエールが復活してくれた。
冬の管理がだいじだと痛感!
アスタリスク**********************************アスタリス
2012

今年は寒さが厳しかったし異常な気候になっているようなので、ダメ元な気持ちで春を

迎えました。4月28日現在水仙がやっと咲き始めみつばつつじの白と濃いピンクが満開に

バラ達も新芽を出し始めてくれました。今年はどうか何事もなく景気回復を期待しつつ

謙虚に生活していこうと思います。

アスタリスク**********************************アスタリスク

2011年はいろいろ大変な年で庭の手入れもままならず、膝につづき右手首が腱鞘炎になり

ますます生きるのが厳しくなってまいりました。が、バラの専門家の方が根本に土を沢山盛り土

しているのをみて、今までとは逆のやり方に、標高1000M以上の場所はやはり盛り土かぁ!

と共感し接木目をかぶせるくらいに土を盛り、冬の準備に堆肥を更にもってみました。

アスタリスク**********************************アスタリスク

2010年は愛犬ノア君が天国へ行ってしまい、庭の花達まで枯らしてしまってはいけないと言う気持ちが
強く、膝に水が溜まって水抜きした足でトゲトゲの間を中腰で肥料をあげるのがきつかった
けれど、なんとか蕾までには手入れができた気がしてます。
他の花はやや遅れ咲きでしたがバラはいつもどおりかなぁ・・・?!
舗装の坂道際はやはり暖かいのでしょう!生育が良いようです。
山椒バラが1日花でつぎつぎ咲き、コレッタは強健で沢山花芽を付けています。
セシルブルンネが勢い良く、1度絶えた新雪が新芽を1本出し、これまた死んだと
思っていた香りの良いスパニッシュビューティが心機一転巻き返し!(うれしいデッス”)
先日長野県上田市のバラ園へ行き大株のピエールド・ロンサーヌを購入
例の坂道際に植えてみようと思っています。
最初にあったピエールは一度ちいさくなり、今回太い新芽が上がって来ています。
頑張って世話してあげようと思っていますが、身体がきついです。

アスタリスク**********************************アスタリスク

2008年冬はまあまあ、暖かく命からがら生きてたバラ達は今年はいいぞ!とばかり勢いよくなってはいます
が、ちいさくなってからの復活は大変だろうと思われ、岐阜のバラ園へ行って、2品種購入
も1つ別でジャクリーヌ・ドュプレを購入。さびしくなった所に定植する予定
今年は山椒バラが勢いよく、ピンクに白のストライプが入るロサ・ムンディがたくさん咲いてくれそうです。
アブラムシが多いのは、冬が暖かだったから?黒点病が少ないのは、冬に石灰硫黄ごう剤散布したから?
毎週シュッシュの日々がまだまだつづくのでしょう。
野菜のアイスプラントを植えました、どんどん大きくなっとりますが、肉厚で松葉菊みたいな花をさかせてます。
そうだ!!写真撮ろう

アスタリスク*************************************アスタリスク

2007年の暖冬と正反対、身も心も凍る極寒の2008年灯油の値が上がりガソリンがあがり、雪が多かった
と言うよりいつもチラチラ降っていて、溶けない、春に溶けたと思ったら急激な低温でそれが凍り、花芽も
凍ったと思いましたが、やはり子孫繁栄の危機を察したのか花芽が多い気がします。
でも条件の悪い場所にいた子や寒さに弱い子は元気がありません、
イングリッシュローズ系が痛手をくいました。
6月現在高原のバラは間もなく盛りを迎えます。

アスタリスク*************************************アスタリスク
2007年3月 異常なほど暖かい、いのしし年は大地震が起きている、300年前は富士山が噴火、何もおこらなければいいけれど、イヤな夢も見てしまったし、 そうは言っても春はやっぱりいいもんで、早く庭仕事がしたい!肥料やらなんやら準備しなくちゃだ! 忙しい!って事だけは変わらない。

冬雨が少なく変な気候だった為春に息絶えてしまったバラが2、3本出てしまい肩を落とす。
今年は「碧露」(2008年農薬にあたる成分が見つかったとかで使用禁止になりました)
を使用なんだかいい感じであった。電池式噴霧器も快調!
暮れに「お馬の堆肥」をすべてのばらの根元に置く事ができて自己満足。
6年から7年に掛けての冬は暖冬。外に置いてある鉢花がまだ生きている。シンジラレナ〜イ。
2006年何も書かずに終わってしまった。

    2005/4・5・6・7月は下へ移動しました。
寄せ植えは寒さに弱い宿根草や一年草をギュウギュウ詰めに植え込みます
寄せ植えの写真 背高のっぽ
  の
花図鑑へ
お花の苗プレゼント
 ガーデンの宿根草の中から、一株分けて準備しておきますので、ご希望の方は予約時に、一言お伝えください。 何の花か?は見てのお楽しみ!
フウロウ草の写真
フウロウ
ピンクは良く咲き増える
青は消えそうです。

5年目のフクシア  
室内で越冬 今年は、なんとか咲いてくれました
坂を登りきると、右手に
この看板そして
毎年いろいろ挑戦して
みるハンギング

背高のっぽ
   の
薔薇図鑑へ
music by Sora Aonami
花期の長いグリーンスリーブス、これから徐々に緑色に変わっていきます。実はこの花、年々小さくなっています。貴重な写真になってしまいそうです
清里高原のバラの見頃は6月下旬からです TOPページへ戻る 花図鑑へ どれも写真写りが今ひとつになってしまいました。実物はもっといいと自負しています・・・・
庭で咲くすごい花達山椒の葉、うどの花がくアジサイこ鬼百合です
確実に毎年咲きみだれ
てます。
お泊りのお客様より「途中あまりに安いので買ってしまったんですけど、持って帰れないので飾ってください」とゆうことで頂きました。
1週間以上経っています

2005年4月、1年が半年以下の速さで過ぎていくようです。 去年の秋はバラ達に何もしてあげられませんでした。まだ新葉がでていないので、なんとも言えませんが、弱っている子もいる事と思われます。ごめんねぇ,今春はまず去年出遅れた病気予防と消毒の為の「ニーム」を注文する事から始めます。フロックス(おいらん草)とベルガモット(たいまつ花)のうどんこ病に効果があり毛虫が激減し、かみきりむしの被害もほとんどなかったので、今年も使ってみようと考えています。バラの黒点病にはあまり効果がないように思います。しかしその前に枯れ枝切りが終わらない。これがきつい仕事のベスト3!後の2つは落ち葉取りと雑草とり でもその後に今年はイチゴの苗をたくさん植えます花もかわいいし実もなるし 他に実のなる木はブルーベリー、姫リンゴ,ハスカップ、レッドカラント、グースベリーなどがちょこっとづつ、これが夏の食卓のサラダやデザートに飾られる事もありさあ今年もやるぞぉー
5月 やっとバラに肥料あげました。GWが終わったら途端に葉っぱが茂ってきました。キトサンを土にかけました。ニームはまだ、気になることは、地面にぽこっとあいた穴?もぐらではなく、へびでもないと思われ、もしかしてカミキリムシ系?その穴へ水を注いでみると、いつまで掛けても水が溢れてこない、穴はどこまであいているのか?あー今週末まで庭仕事は、おあずけ なのでいろいろ心配。もうすぐブリエッタの新色が届きます。
6月です。気温がすこしあがってきたので、黒点病対策の為今年最初のサプロール散布(シュッシュ)をあぶない君達の地面に近いあたりにシュッシュ。昨年はニームと出てしまった時のみスプレーシュッシュしただけでしたが、今年は雨の前にやってみました。今のところでていません。先日長野県中野市1本木公園のバラを見に行きましたが、まだ咲いていませんでした。駐車料金¥300掛かったのに!でもバラ苗を安く買えたので満足です。「アンネのバラ」「ピンクパレード(一重)」「つるアイスバーグ」「ゴールデンボーダー」のつぼみ付2年物くらいを¥1000で、その1週間程前に長野県駒ヶ根市の知る人ぞ知る激安店で「伊豆の踊り子」黄色のロゼット咲大苗を¥1900で、他にインターネットで「ロサ・ムンディ」「ロサ・カニナ」「アリスタステラグレー」を購入まだ小さいので秋まで鉢に植えました。庭のバラ達は一回り大きくなったもの、花芽が去年より少ないものとに分かれました。後者達に関しては花後枝を落とそうかと考えています。剪定らしき事をしていなかったので、新しい芽を吹かせるために、思いきって。
7月・困りましたぁ。もう7月です。しかし雨が降らず黒点病はほぼ見うけられず、ヨシって感じだったのに花芽の3分の2を食われましたぁぁ...ぁ。ピエールが見事なウズを巻いたのですが花数が少ない。やはり..と思い当たるあたりを今年は
改善します。今年は山の花達がたくさん花を付けている事に気が付きました。こぶしの花も木いっぱいに咲き、やまぼうし
も、ッと言えば家の咲かないゴールデン山ぼうしに一部ではありますが、花を付けていて驚きと喜びのうなり声をあげました。証拠写真 最近やっと雨が降ると豪雨、バケツをひっくりかえしたとかcats and dogなんて悠長なもんでなく命の危険を感じる程の雨がいっきに襲ってきます。せっかく虫との闘いに打ち勝ったバラ達が愛らしい姿をご披露しているその上から叩きつけ、打ちのめす。そして嵐の後は黒点病が待っているのです。先週ニームをシュッシュしました。山のバラ園の姫○さんにマネージとゆう薬が夏の黒点病予防(薬害が少ない)に良いと昨年教えていただき今年液体の希釈タイプのを手ごろな値段だったので購入、粉のは¥4000位したので、これならバラ1本買った方がいい!などと思ってしまい、断念。でもなかなかシュッシュのチャンスがなくて、困りましたぁとゆう事です。 つづくぅ!ブリエッタかなりきてます。