日本ハーシェル協会
  ご案内

会則について
歴代会長
入会案内
ご連絡先

■会則について■

 現在、当協会には厳密な意味での会則はありませんが、それに代わるものとして、協会発足時に「会則にかえて」として、以下の取り決め事項が発表されていますので、 お示しします。

日本ハーシェル協会の創立
― 会則にかえて ―

  1. この会は、ウィリアム・ハーシェルをはじめ、その妹カロリン、息子ジョンたちの業績と生涯に関心を持つ人で組織し、1984年11月14日創立大会の翌日に発足します。

  2. この会は、ニューズレターを隔月に発行して、会員に配布します。近い将来に、演奏会・講演会・研究集会の開催、普及書・研究誌の公刊、国の内外の関連団体との交流、ハーシェルの足跡・博物館・天文施設を訪ねるツァーの企画、関係資料の収集ないし発掘、そのほか会員が希望する事業を行っていきます。

  3. この会に入会するには、住所・氏名に1984年度(1985年3月まで)の会費500円をそえて、幹事に申し込むものとします。(注)

  4. この会の1984年度役員は、会長・須川 力、代表幹事・木村精二、幹事・山岸典子、室伏礼子、山本健一、武石信之、早川 智、永田弘道、望月悦育、斉田愛子、平井諄子、生沼静江、竹内泰子とします。

  5. この会の経費は、会費と寄付金、そのほかの収入を充てます。

  6. この会の創立大会の次の大会は、1985年3月に開催し、新年度の役員・予算決算・事業などを決めます。

1984年9月16日 第6回世話人会出席者一同


注) 年会費は現在1,000円です(2009年11月の年会で決定、2010年度より適用)。
    現在の入会方法についてはこちらをご覧ください。
 

 

■歴代会長■
 

初代 須川 力
(Dr. Sugawa Chikara)
 在任 1984.11.15〜1988.11.19 元水沢緯度観測所長(現国立天文台水沢観測センター)。2004年4月2日逝去。
2代 石田五郎
(Dr. Ishida Goro)
  1988.11.19〜1992.7.27 元東京天文台岡山物理観測所副所長。1992年7月27日逝去。

第2代石田会長の逝去後、会長職は現在まで空席となっています。

現在は木村精二氏が代表幹事として会を代表されています。

 

■入会案内■

  1. 入会資格
     入会にあたって必要な資格は特にありません。
     ハーシェル一族の事跡や、天文学史一般に関心をお持ちの方であれば、どなたでも歓迎いたします。
     

  2. 入会方法
     「日本ハーシェル協会入会希望」と明記の上、(1)住所、(2)氏名、(3)電話番号をEメールで下記までご連絡ください。その際、入会を希望されたきっかけや、関心のある 分野などもお書き添えいただければ嬉しく思います。折り返し事務局より振込用紙をお送りしますので、年会費(1,000円)をお支払いください。その時点で正式のご入会となります。
     なお、会計処理の都合上、入会の時期に関わらず会費は均一とし、当該年度(4月〜翌年3月)分に充てせていただきますのでご了承ください。


ご連絡先
 

※ご連絡はEメールで下記までお願いします
 mononoke@moon.email.ne.jp  日本ハーシェル協会事務局 角田玉青

 


日本ハーシェル協会ホームページ