SkyPuppy尾翼製作

ムサシノ模型飛行機研究所製の電動機SkyPuppy号の作り方尾翼編です。
キットの設計図に書いてある順番と違うトコロも有るかと思いますが、ねこ流ってコトで・・・。

設計図に合わせ、垂直尾翼の端面にヒンジライン位置を
マークする。
裏返して、垂直尾翼下側とマークしたヒンジライン位置を
結んだ線を描く。
水平尾翼も設計図に合わせて、ヒンジラインを描く。
ついでに中心線も設計図から写しておこう。
ココで、カッターナイフをポキして、新しい刃を出しておく。
描いたヒンジラインにスケールを当て、カッターナイフで軽く
2〜3回なぞるようにする。
裏側まで切らない様に、ちょっと繋がってるぐらい。
水平尾翼も同様に加工する。
ヒンジラインに切り込み入れたら、裏返してヒンジテープを貼る。
水平尾翼も同様に貼る。
ヒンジテープを内側にしてに半折りして、サンディングブロックで
設計図の断面図を参考にV溝になるように削る。
水平尾翼も同様に削る。
水平尾翼は、上下にこれぐらい曲がる様にヒンジ部を削る。
垂直尾翼はこれぐらい。
またヒンジテープを内側にして半折りし、V溝の内側にヒンジテープを
貼りこむ。
プラ板とシールを取り出す。
シールは真中の破線のトコロで切っておく。
中央補強材が入ってる方のシールの裏紙を、端の方だけ剥がす。
プラ板に位置を合わせ、シールを貼る。
裏紙をそーっと引き抜くと、キレイに貼れます。
スケールとカッターで、中央補強材の外形に沿って、切り込みを
入れておく(何回かなぞっておく)。
ハサミで切り出す。
カッターで入れた切込みが、ガイドになるので、真っ直ぐ切れるハズだ。
中央補強材切り出し完了。
シールを剥がしておく。
エレベーター下面側に中央補強材を接着。
設計図を良く見て、ホーンを入れる溝を切り出す。
画像は裏側から見てるので、左側に見える。
ラダーも同様に、設計図に合わせ、ホーン溝を切り出す。