犬越路林道サイクリング


犬越路林道は、神奈川県山北町から津久井町との境の「犬越路隧道」まで続く林道です。
全線舗装されていますが、鍵の掛かったゲートがあるため許可車両や林業関係車両以外は通行できません。
今回は「西丹沢自然教室」から犬越路林道先の「神ノ川林道」のゲートまでのご案内です。


西丹沢自然教室です。
ここまでは小田急線の新松田駅から
富士急行のバスが運行されています。


最初のうちは河内川に沿って緩やかな登りです。


しばらく進むと犬越路林道入口となります。
ここからは坂がきつくなります。


林道におきまりのゲートです。
MTBは左側の隙間を抜けて侵入できます。
原付クラスの小型オートバイなら抜けられそうですが、
車両は通行禁止となっています。


秋は落ち葉が絨毯のように積もっています。


いくつものヘアピンカーブを抜けて高度を稼ぎます。


河内川と丹沢の紅葉がひろがります。


途中の「はんの木園地」です。
眺めは良くありませんが、小さな東屋があります。
ちょっと一休み。


この付近はもろい地質のようで、
路面に多くの石が落ちています。
石は尖っているものも落ちているので
特に下りは乗り上げてバーストしないようにご注意を!


土石流を防ぐ砂防ダムの連続です。
犬越路隧道先の神ノ川林道の通行止めを告知しています。
でも、犬越路林道も一般車は通行止めなんですよね。
犬越路林道はほぼ全線登りですが、
自転車乗りには人気がある林道のようで、
何人かの方とすれ違いました。


犬越路隧道が見えてきました。


犬越路隧道です。
林道のトンネルとは思えない立派なものです。
ちなみにここは標高が950mあるそうです。


隧道の隣には犬越路林道の完成を記念して
記念碑が建っていますが、山から流れてきた岩が
記念碑を埋め尽くしています。


トンネル横の「富士見園地」です。
ここにも東屋が建っています。


富士見園地では山から引かれている、
冷たくておいしい水が調達できます。


こちらは津久井町側の犬越路隧道入口です。


隧道から50mほどでゲートが設置されています。
ここで犬越路林道は終点となり、この先の
津久井町側の林道は神ノ川林道となります。
神ノ川林道はかなり荒れているようです。
通行にはご注意を!


自然に優しく走りましょう。