NSAコメンタリー・シリーズ No.10

原子力による水素エネルギー

原子力システム研究懇話会
<原子力水素研究会>
編・著

2002.6.18発行
B5版 180頁
頒価 2100円(税込み・送料別)
 

  • 原子力、電力、石油、ガス、電機、鉄鋼、化学、建設などの関連業界、大学、研究所など多分野の専門家による多面的な調査・検討
  • 原子力水素生産の技術、現状、将来を展望したガイド・解説

【主要目次】

第1章 エネルギーの展望と水素・原子力
 電力・水素の生産と原子力の役割、原子力エネルギーの供給可能性、原子力水素の開発動向と現状認識
第2章 原子力による水素生産 -- これまでの研究
 萌芽的な提案・初期の研究、高温ガス炉利用の研究、最近の国際的な動き
第3章 原子力による水素生産の方法と技術の現状
 電気分解法、水蒸気改質法、熱化学法、プラズマ法、放射線分解法、放射線ハイブリッド法、メタン高温熱分解法
第4章 原子力水素生産プラントの構想
 軽水炉利用、重水炉利用、高温ガス炉利用、ナトリウム高速炉利用、高温液体金属炉利用、溶融塩炉利用、原子力水素生産の安全性
第5章 原子力水素生産の資源・地球環境への効果
 資源・環境からの原子力水素生産の意義 - 持続的・大量供給の可能性、水素生産における二酸化炭素発生量、原子力水素導入のシナリオと導入効果 - 世界の経済・環境・エネルギー、エネルギー需給構造、輸送機関への水素利用の拡大
第6章 市場からの要請、社会の受容性
 市場からの要請、石油工業における水素需要、原子力水素生産のコスト推定、原子力水素生産の規模、原子力水素生産の社会的受容性
第7章 原子力による水素 -- これからの道程
 開発の現状と課題、今後の開発・導入、今後の日本の進め方

申込先: 原子力システム研究懇話会
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-7-6 升本ビル4階
Tel: 03-3506-9071  Fax: 03-3506-9075
Email: syskon@syskon.jp

PDFファイル(無料)を希望される方は、
mhori@mxb.mesh.ne.jpまでご連絡ください。

戻る