名演ウェブ
トップ>これからの上演作品

これからの上演作品



9月例会 劇団前進座

柳橋物語

原作/山本周五郎 台本/田島栄 演出/十島英明  
出演/今村文美、浜名実貴、ほか
9月7日(木)6時30分 8日(金)1時30分・6時30分
日本特殊陶業市民会館ビレッジホール(名古屋市民会館中ホール)

 山本周五郎の感動の名作、男性中心の劇団というイメージの強かった前進座に、“女優ありき”と知らしめた作品で、』1977年の初演以来、待望の再演です。  
 舞台は江戸下町。主人公のおせんに幸太、庄吉、おもんをからませて、青春の喜びとかなしみ、希望と失意を交錯させます。庶民の生きるための苦しみも悲しみも、喜びも楽しさも、すべてがここにあります。 山本周五郎の感動の名作、前進座での待望の再演。 田島栄・十島英明コンビの代表作。初演は1977年。いまむらいづみの主演で、全国に感動を巻き起こしました。それまで男性中心の劇団というイメージの強かった前進座に“女優ありき”と知らしめた作品でもあります。再演の希望も多く、このたび配役を一新しての登場。  舞台は江戸下町。主人公のおせんに幸太、庄吉、おもんをからませて青春の喜びとかなしみ、希望と失意を交錯させます。周五郎の下積みの人たちを見つめる目の温かさ。夜鷹にやさしさを見いだし、群衆の一人ひとりに呼吸を通わせます。中傷や誤解を嘆きつつ、底に確固とした信頼を秘めます。  
 十島英明の演出は、原作の心を忠実にたどり、けれん味なく愛を謳いました。今回は地震に火事、雷、洪水と仕掛も多いが、それに振り回されることなく、人間への視点を一貫させました。(前回の劇評より)  時代背景は違っても、常にそのテーマは時代を越えて現代にも通じる周五郎作品。“庶民の生きるための苦しみも悲しみも、喜びも楽しさも、すべてがここにある”と言われる『柳橋物語』。です。  前進座の若手を中心にしたアンサンブルが期待されます。
 上演時間 2時間45分予定


 11月例会 劇団東演

『検察官』

作/ニコライ・ゴーゴリ 訳/佐藤史郎 演出/V.ベリャコーヴィチ
出演/能登剛、南保大樹、豊泉由樹緒、腰越夏水、ユーゴザパト劇場俳優、ほか
11月20日(月)6時30分 21日(火)6時30分 22日(水)1時30分
日本特殊陶業市民会館ビレッジホール(名古屋市民会館中ホール)

 ロシア文学の傑作『検察官』。『どん底』『ハムレット』に続くベリャコーヴィチ演出作品。東演の俳優陣と、豊かな身体表現のロシア人俳優とのコラボレーションが前作にも増して見応えがあり、まさに国境を越えた舞台に仕上がっています。

 わいろや横流しはあたりまえ…、市長以下お役人の常識と庶民の感情の行き違いが巻き起こす大騒動!日本でもたびたび上演されてきた傑作喜劇が、ベリャコーヴィチの手で魔法にかけられたような舞台に変貌します。
 地方官庁の堕落や役人たちの不正を取り締まる検察官が密命を帯びてお忍びで各地を調べまわっているとの情報が市長のもとに入った。行政を当たり前のように私物化している市長以下、教育委員長、判事、郵便局長、病院長、警察署長やお役人たちの面々にとってはまさに青天の霹靂、驚天動地の事態に「えらいことが起きてしまった!」とてんやわんやの大騒ぎ。そこへ「町はずれの安ホテルに、若いお役人がお供とともに宿泊している「とのご注進があった。さあ、さっそく懐柔するために雁首揃えて様子を見にあたふたと駆けつける。「間違いない!あの方は検察官だ!」あの手この手のアタックが始まった。ありったけの接待をする。 検察官と勘違いされた若者フレスタコーフは逆手にとって好き放題のホラを吹き、市長の娘とも結婚の話が整えられ、あれよこれよという間に金も手にいれさっさと町を後にする。そこに本物の監察官が来るという。一同、雷にうたれたように、化石のごとく立ち尽くす。

上演時間 2時間45分予定


2018年

1月例会 文学座

『女の一生』

作/森本薫 演出/戌井市郎 演出補/鵜山仁   
出演/山本郁子、赤司まり子、石川武、大滝寛、上川路啓志、ほか

1月23日(火)6時30分・24日(水1時30分 
日本特殊陶業市民会館ビレッジホール(名古屋市民会館中ホール)


title.jpg 名演ウェブトップページにもどる

入会案内 / 名演からのお知らせ / これからの上演作品 /サイトマップ
例会運営サークル/過去の上演作品/管理人日誌/リンク集 /名古屋演劇情報/掲示板/

最終更新日 2017/08/17