ホーム
自閉症とは プロフィール 散歩道 目次 ハワイ リンク
自閉症の世界はまだわからないこと、理解できないことがたくさんあります。
マサシの本当の気持ちはどうなんだろうと、いつも考えてしまいます。
マサシを通して見た自閉症の世界を紹介したいと思います。
  自閉症とは
  プロフィール
 自閉症の世界
  日常のこだわり
  感覚の過敏さ
  パニックと問題行動
  時間を理解できない
  特殊な記憶力
 [ブログ]散歩道
 これまでの散歩道
 ハワイ旅行
  リンク集

「カレンダーの曜日」に関しての超人的な記憶力。よく話題になる自閉症児の特徴で
す。マサシはまさにこれです。
幼稚園の時からなので、むずかしい計算方法など考えつくはずはないし、今もって謎
です。聞いても教えてくれない。というより説明できないかもしれません。
何年前でも何年後でも曜日をぴたりと言えるので、聞いた人は皆驚いてしまいます。
自分の産まれた日が何曜日かなんて、知っている人はあまりいないでしょう。
計算するというより、映像になって頭の中に再生されるというようなことを聞いたこ
ともありますが、本当はどうなんでしょうか。
「生年月日」の記憶も抜群。今まで知り合った人の生年月日はすべて頭の中にインプ
ットされています。それはかなりの量なのに、聞いたら即座に答えることができます。
絶対に間違えない。コンピューターでも検索するのに僅かでも時間を要するのに。
誰の生年月日を聞いても即座に答えられるなんて不思議です。そして一度聞いた生年
月日は絶対忘れません。覚えてもらいたくない人は教えないことです。

大けがをして入院してた時、会う看護婦さん皆に生年月日を聞いていました。どうし
ても知りたかったようで、教えてくれない人がいるとしつこく会う度に聞きだしてい
ました。「女性に年を聞くのは失礼だよ」と言われても、何でそうなのか理解できな
いでしょう。看護婦さんだけでなく、同じ部屋の入院看者の人、お見舞いに来た人の
生年月日まで聞いていました。
ある日入ってきた看護婦さんに「Fさん、今日が誕生日」と言ったので、その看護婦
さんは「え、覚えてくれてたのね」とすごく感激していました。でもこれはマサシに
とっては特別に覚えていたわけではなく、当然のことなのですから。

カレンダーの曜日や生年月日だけでなく、過去の出来事の日付けや細かい内容まで
よく覚えています。学校であった運動会や遠足などの行事の日付けはもちろんのこと
何年何月何日の晩御飯に食べたものまで、記憶しているものの量は莫大なものです。
特に印象に残っていることを「覚えている」というより「消えないで残っている」の
ではという気がします。
この記憶力は便利な時もあり、書類などに日付けを記入しなければならない時に助け
てもらっています。

それにしても不思議です。
映画「レインマン」で床に落とした、たくさんのつまようじの数を一瞬にして言い当
ててしまう場面があったけど、マサシはそこまではできないので安心しています。