ホーム
自閉症とは プロフィール 散歩道 目次 ハワイ リンク
自閉症の世界はまだわからないこと、理解できないことがたくさんあります。
マサシの本当の気持ちはどうなんだろうと、いつも考えてしまいます。
マサシを通して見た自閉症の世界を紹介したいと思います。
  自閉症とは
  プロフィール
 自閉症の世界
  日常のこだわり
  感覚の過敏さ
  パニックと問題行動
  時間を理解できない
  特殊な記憶力
 [ブログ]散歩道
 これまでの散歩道
 ハワイ旅行
  リンク集

自閉症の人にとっての「こだわり」は自分を安定させるための手段でもあります。
不安が強い時や落ち着かない状態の時はこだわりも強く、時には強迫的なものになっ
たりします。
うんざりするのが質問攻め。同じことを繰り返し質問して、同じ答えを要求する。
質問の答えが知りたいのではなく、同じ答えが返ってくるのが安心感をもたらすので
しょう。相手をする方は大変です。ストレスがたまりますね。
こだわりが強い時は他の話題は受け付けなくて、なかなか会話がむずかしい。
何かで興味をもってくれて、やりとりができた時はうれしいですね。

言葉のこだわりの他に物の位置や配列、時間などにこだわったりします。
家の中の物の位置がちょっとずれたり変わったりすると、すぐ直したり、もとの場所
に戻したりと、いろいろ忙しくしています。私がスリッパを脱ぐとすぐに揃えてくれ
ます。無造作に脱ぎすてるので気になるのでしょう。
“物を一列に並べる”というのは自閉症の人によくあることだけど、マサシの部屋が
この状態。本やノートなどをいつも同じところに置いていて、何かでちょっと動いた
りすると、またもとのように並べています。今は一ケ所に重ねて置いているけど、重
ねる順番は決まっているようです。
夕方になって、家の中のカーテンやブラインドを閉めるのもマサシがやっています。
その中にも決まりがあって、いつでもいいというわけではない。閉める時間を決めて
いるけど、それはいつも一定ではなく、どうもその日の「日の入り」の時刻に合わせ
ているようです。時計を見てその時間になると閉めに行く。当然冬は閉めるのも早く、
夏は遅めで、これは理にかなっていることになりますね。
一年間の日の出、日の入りの時刻は全部覚えているみたいで「今日は何時に日が沈む
の?」と聞くと、即座に答えることができます。

他にもこだわる対象は特定の日付け、人、物などいろいろあります。
特定の日付けというのは過去に何かいやなことがあった日とか、誰かの誕生日などで
その日になると落ち着かなくなり、何度も口にしたりすることもあります。

多くの場合こだわりは困った問題だけど、時にはプラスになることもあります。
中学校の時英語に興味をもち、毎日英語の教科書を開いて読んだり、ノートに書いた
りしていました。それが楽しみだったようで、おかげで英語の成績だけは良くて、こ
んなこだわりなら大歓迎! ただし英語しかしないので、他の教科はまるっきりだめ
でした。あれもこれもまんべんなく、というのはむずかしいですね。
小学校の頃は“漢字博士”や“算数博士”になった時期もあったし、電車やバス(駅
や停留所など)に興味をもっていた時期もありました。
こだわりも意義のあるものに向けることができればいいですね。