第45号(2003年8月)






市幹部の優遇は許されない
天下りは公表から廃止へ

【先進的な幹部職員天下り公表】
白井市長は、外郭団体への天下りの見直し第1弾として、14団体に天下りをした元市幹部職員22名の氏名を公表。
このような天下り公表は政府が行っていますが、自治体ではあまりなく、全国的にも先進的な事例です。

【給料やすく意義もあるとは?】
白井市長は、天下りについて市議会の答弁で、次のように述べています。「市職員の場合は、国家公務員の天下りのように高額退職金は支給されない。知識や経験をもつ退職者の再就職には外郭団体の職員育成といった意義もある」とし、 一方で「民間の雇用状況や市民感覚からすれば広い意味で天下りであり、外郭団体のあり方を含めて検討を進めている」。

【天下り幹部は定年後もヌクヌク】
この答弁内容は、今までの市当局の姿勢から一歩進んだものですが、問題があります。天下り先で退職金や給料が安いとしても、天下る市幹部職員は、退職時に3千3百万円から4千方円程の退職金を貰います。そしてなお、市当局のコネにより縁故採用された外郭団体で、年間300万円前後の給与を貰い続けます。定年後になお、これだけの給与を得る人はそんなにありません。他方民間では、能力があるにもかかわらず多くは職につけないのです。

【受け皿保存は改革妨げる】
きびしい自治体財政を立て直すにも、外郭団体の整理統合は重要な項目です。
市幹部0Bの退職後の受け皿になっていることが、行財政改革を妨げることも考慮するべきでしょう。

【職員採用は縁故やめ公募で】
出資者である市当局は外郭団体に対して、職員採用では役員・職員ともに縁故採用を認めず、公募するよう指導するべきです。公募した結果、市職員OB・OGが採用されることはあるでしょうが役員の縁故採用が当たり前である現在の採用形態は認められません。白井市長の指導力に期待しましょう。

2003年度外郭団体役員報酬額
  月額報酬 賞与 年度額
市局長級職員 21万円 4.1カ月分 3,381,000円
市部長級職員 19万円 4.1カ月分 3,059,000円



ワンポイント手話講座

●何か?
人さし指を立てて横に動かして、 上に向けたて手の平を上から前におろす

全日本ろうあ連盟・篠田三郎編 「手話のハンドブック」三省堂刊より


違法な看板の撤去は業者の責任で

法整備までは撤去費用を業者に請求するべき

電柱などに違法に貼られた広告物や、道路に違法に立てられた看板を市当局が撤去しています。この事業のため本年度に組まれた予算は3220万円。こんなに多額の市民の税金を使って、市が行わなければならない事業でしょうか。
いや、業者が自らの利潤追求の為に違法行為をしているのですから、その処理は業者の責任においてされなければなりません。
暫定措置として、まちの美観を守るために市行政が違法広告物の撤去をするのは仕方がないとしても、その費用は違法行為をした業者に請求すべきです。そうして初めて、違法広告物が減っていくのです。
市当局は「行政代執行若しくはそれに準じた手続きで実費を負担させる方法や、違法広告物を撤去し保管料等の名目で費用を請求する方法があるが、いずれも煩雑な手続きに相当な時間をようすること。違法状態が長期間放置されること。立て看板等は経済価値が低く引き取りに来ないなどの問題がある。費用対効果の面や早期是正の面から簡易除却がより効果的」と述べています。
今の法体系の中では、一定の理解ができる回答だと思いますが、原因者責任を問うという基本スタンスが欠けています。今後、国や県に働きかけ原因者責任をただちに問える仕組みを作っていくべきです。
それまでの間は、違法広告物の撤去について市民の協力を求めてはどうでしょうか。財政状況が厳しい中、無駄な予算の支出はできるだけ減らしたいものです。



談合防止へ市長公約実る
入札室を公開 傍聴もできます

 丸尾まきがある業者から聞いたことです。
 談合が行われている場合、1回目の入札で落札者が出なかったとき、入札室において手で合図をして価格調整を行うことがあるといいます。この談合を防ぐには、入札室を公開することが必要です。
 白井市長は、公約で入札室の公開を掲げていました。公約どおり入札室をガラス張りにするとともに傍聴できるようにしました。 ぜひ入札室を傍聴してみて下さい。
 詳しくは市調度課TEL6489−6236



空瓶はキャップ外して、すすいで処理を

 尼崎市リサイクルセンターを訪ねました。食べ物や飲み物が入っていた瓶類のうち、キャップがついた瓶はリサイクルされていません。中に何が入っているのかわからず危険ですし、異物が入っていれば再生時の不純物にもなるので、多くは廃棄されていたのです。
 私たち住民がキャップを外して中を軽くすすぐだけで、その瓶はカレットとして再生利用されます。環境のため気をつけてみませんか。リターナブル瓶がもっと環境に優しいこともお忘れなく。


-市民自治・環境・福祉のまちづくりを-


目次へ戻る