ムカデノリカタノリ

ムカデノリとカタノリは細い幅の線状である。ムカデノリは、体の両側から羽状の枝を多数だし、それがムカデに似ていることとから和名がつけられた。大きなものでは高さ30cm、主軸の幅は3mmほどになる。生鮮時には柔らかな感じの粘骨質で、乾燥すると硬い感じに変わる。色は紫紅色から赤褐色。乾燥したとき紙に良く付着する。北海道全域の低潮線下の岩にほぼ周年生育する。

カタノリは体の中程あるいは上の方で叉状に枝分かれし、主軸からは羽状の副枝をだす。大きなものでは高さ30cm、幅3mm位にまでなる。生鮮時は硬い軟骨質で、茶褐色から黄褐色、乾燥すると黒褐色に変わる。なお、乾燥したとき紙にあまり付着しない。分布は北海道全域の潮間帯の岩に着生する。

ムカデノリ


 学 名
  ムカデノリ  Gratelouia filicina  (Lamouroux) C. Agardh
  カタノリ   Grateloupia divaricata  Okamura
紅藻類へ

はじめのページ