フダラクフダラク


短い茎から長く大きな笹の葉状の葉をだす。葉は基部に近い部分から叉状に分かれるが、その後分岐せず先端近くで再び叉状の分れる。葉の先端は尖る。葉体は厚く、粘質に富みなめらかな皮のようになる。大きなものでは高さ1m近くなるが50-60cmのものが多い。新日本海藻誌によると分布は本州までとあるが、津軽海峡海域では極めて普通に低潮線下の岩に生育しており、夏から秋の時化の後、よく海岸に打ち上がる。乾燥するとき紙に付着する。この奇妙な名前の由来は”斑”だらけということで、成熟すると実(嚢果)が集まって斑点が沢山できることによるそうです(標準原色図鑑全集 海藻・海浜植物)。

 学 名
  フダラク Grateloupia lanceolata (Okamura) Kawaguti    
 
  紅藻類へ
はじめのページへ