bar01


 
モルディブを中心に南の島の旅行記や情報を紹介しています。ダイビングはしないのでスノーケルで十分楽しめるところだけを厳選し、美しいリゾートの写真や映像はもちろんのこと、水中写真、水中ムービーも豊富に掲載しています。皆さまのバカンスの参考になれば幸いです。スノーケルだって美しい珊瑚のドロップオフ、サメ、カメ、ナポレオンやマンタにだって会えるんです!

ピアノ教室もやっています。お問い合わせmailは一番下からREIKOまで。

bar01
←左の「写真と旅行記リスト」では写真付き一覧から旅行記を選べます


モルディブ旅行記

モルディブ ヴァカルファリ・アリ環礁(2016/03)
 今年はアリ環礁のヴァカルファリ(Vakarufalhi)に行ってきました。
個人手配も2回目だけあって慣れたもの。フルレで一泊し翌日スムーズに水上飛行機に乗り込むことが出来ました。
 ヴァカルファリは1周しても15分ほどの小さく、とてもフォトジェニックな島です。今まで泊まった水上コテージの中で一番広く改装後ということもあって最高でした。食事はイタリア人のシェフがいるので手作りのピザとパスタ類が絶品、ホームメイドアイスクリームもありました。
フルボードプラスという3食付きプラスビールや水、ハウスワイン、コーラ類などが飲み放題のプランがお薦めです。
 ハウスリーフは島の南側半周、水上コテージのある西側から南のメインジェッティを越えて東の端までが珊瑚礁も綺麗で魚影も濃くスノーケルには最高です。ドロップオフにはマダラトビエイや大きなブラックチップ、ホワイトチップがやってきます。特にカメはとても人なつっこくじっとしているとこちらに近寄ってきます。乾期、ここからはアリ環礁南端のジンベイスポット、マンタスポットへ半日ツアーが出ています。今年はは運良くイルカも群れとも泳ぐことが出来ました。

モルディブ ヴィラメンドゥ・アリ環礁(2015/03)
 今回はまたアリ環礁に戻ってヴィラメンドゥ(Vilamendhoo)に行ってきました。
完全に個人手配でしたので、どうやって水上飛行機に乗るか、ホテルスタッフと空港で会えるのかとても不安でしたが、無事にフルレ空港で一泊、翌日に水上飛行機でリゾート入りできました。
西の水上コテージエリアは18歳以上でないと立ち入れないのが子連れには残念でしたが、東側にもプールがあり部屋へ向かう途中でスノーケルの砂と塩をシャワーで流して帰れます。アリ環礁南端という地の利を活かして、乾期はマンタスノーケルとジンベイスノーケルが交互に実施されているので是非挑戦してみて下さい。

モルディブ イフル・北マーレ環礁(2014/03)
 今年は北マーレ環礁のアンサナリゾート&スパ イフルに行ってきました。久しぶりにその日のうちにボートで移動できるリゾートでしたので翌日から全開でスノーケルできます。水上コテージはないですが隣との間には垣根があり、夕方など家族でマッタリ、フライベート感は満喫できます。ディナーが一日おきにコースメニューとなるのが魅力です。

モルディブ マヤフシ・アリ環礁(2013/03)
 今回はマヤフシ(Maayafushi)アイランドリゾートへ行ってきました。久しぶりのイタリアンリゾート、毎晩カクテルアワーにはビーチでのイベントやバーでの陽気な歌謡ショーがあり、スタッフの陽気さにあてられてしまいます。食事も美味しくビールと白ワインまでオールインクルーシブ(ボトルのお水は有料)。夕食時にはスノーケルトリップなど翌日のイベントに誘ってくれます。水上コテージは改装したてで、シンプルですが清潔でバスルームから直接海に入れる構造が良いです。バルコニーには手すりがないためデッキチェアに横になると何も遮るものがなく、開放感は最高です。フォトジェニックなポイントは水上コテージ周辺、ジェッティ、そして南に延びる砂州です。特に風向きによっては砂州の先を水上飛行機が着水体制で降下してくるのでタイミングが合えば大迫力の写真が撮れるでしょう。ドロップオフの珊瑚礁はとても元気で繊細な珊瑚が折り重なるように密集しています。エイ、サメ、ナポレオンが多く、クマザサハナムロの群れとシマハギの群れが見事でした。

モルディブ ヴェリドゥ・アリ環礁(2012/02)
 アリ環礁北部のリゾート、ヴェリドゥ アイランドリゾート(Velidhu)へ行ってきました。水上コテージはベットルームとリビングスペースが別れている1棟2室。もちろんガラスの床もお約束の私達にとってはプチ豪華な仕様でした。水上コテージからレストランまで遠く5分以上歩かなければ行けないのが少し残念でしたが、ドイツ系のリゾートにしては料理の種類も多く美味しいです。ハウスリーフはジェッティのある側がスノーケルに最適で、私達のモルディブ史上最も美しいピキピキの枝珊瑚が群生しています。

モルディブ ヘレンゲリ・リゾートアイランド(2010/02)
 北マーレ環礁、昨年訪れたエリヤドゥの隣でモルディブでは珍しいスイス人のリゾートヘレンゲリリゾートアイランドに滞在しました。久しぶりの水上飛行機で向かったヘレンゲリは東西に細長く、西側にはきれいな砂州が延びていました。ハウスリーフの珊瑚の見事さはエリヤドゥに1歩譲りますが魚の多さではヘレンゲリが上です。特にナポレオン、カメが多く、ハウスリーフで会えない大物はジンベイとマンタだけかも。こちらも水上コテージはなく、素朴な感じのビーチコテージですがプールがありスノーケル後の水遊びに最適です。  あ〜、また行きたい(^^)

モルディブ エリヤドゥ (2009/02)
 エリヤドゥは初めての北マーレ環礁、とにかくハウスリースの珊瑚礁が元気なのに驚きました。水上コテージがないのが残念ですが、これまでのモルディブリゾートの中では一番のハウスリーフと言っていいでしょう。またこの季節、マンタポイントスノーケルというエクスカーションが催行され、運良く8枚のマンタの飛行を堪能することが出来ました。カメに会える場所伝授します。

モルディブ エンブドゥ・ビレッジ 4回目(2007/12)
 これで4回目のエンブドゥ、水上コテージに比較的お安く泊まれるので常連になってしまいました。今年はまだ風が強く満潮を迎える夜には波が床下に当たりうるさいばかりか、最初の3日ほどは何度も床下配線に波がかかって漏電遮断機が落ちるので睡眠不足でした。ともあれ、いつものモルディブ!ハウスリーフのスノーケルも最高!好天の日も多かったのでラッキーでした

モルディブ エンブドゥ・ビレッジ 3回目(2006/12)
 子供もモルディブといったら、「エンブドゥがいいっ!」というほど気に入っています。今年はマンタには会えませんでしたが、お馴染みのナポレオンやカメ、超巨大になったギンガメアジの群れと一緒にスノーケルしました。

モルディブ エンブドゥ・ビレッジ 2回目(2005/12)
 約束通りのリピートです!今回はなんとハウスリーフ、ジェッティのすぐ先でマンタに遭遇!!!忘れられないスノーケルになりました。


モルディブ エンブドゥ・ビレッジ 1回目(2004/3)
 今年の帰省先は南マーレ環礁エンブドゥ・ビレッジです。マーレからスピードボートで30分程度ととても近いのにハウスリーフ スノーケルは最高でした。初めての水上コテージは病みつきで、必ずリピートすると固く誓ったのでした。

モルディブ リーティ・ビーチリゾート (2003/6)
 今年の帰省先は2度目のバア環礁 リーティー ビーチリゾートです。2年前のロイヤルのようなゴージャスなリゾートではありませんが、食事のおいしさとカメといっしょのハウスリーフスノーケルは最高でした。お値段お手頃で、水上コテージはフォトジェニックです。

モルディブ エライドゥ・ツーリストリゾート (2002/9)
 今年もモルディブ帰省を果たしました!今度はあこがれのアリ環礁のエライドゥ・ツーリストリゾートです。こじんまりした島と、圧巻のドロップオフが魅力のナチュラルテイスト溢れるリゾート、料金もお手頃です!

モルディブ ロイヤル・アイランドリゾート (2001/12)
 モルディブにまた帰省してきました!今度は北マーレ環礁よりもっと北、バアア環礁に新しくできたロイヤル アイランドリゾートです。ゴージャスなホテルと信じられないハウスリーフは見応えたっぷり!

モルディブ アリマタ・アクアティックリゾート (1999/7)
 フェリドゥ環礁のアリマタ・アクアティックリゾートに滞在しました。またまたイタリアンリゾートです。ハウスリーフのドロップオフは遠いですが、スノーケルでカメやスティングレイ(マダラエイやアカエイ)に会えますよ!

モルディブ クラブ・ランナリ (1998/11)
 南マーレ環礁のクラブ・ランナリに滞在しました。イタリアンリゾートで食事は抜群です。ハウスリーフはドロップオフも近くスノーケルに適しています。マレーシアエアーの情報もあります。

モルディブ ビヤドゥ (1996/9)
 モルディブ南マーレ環礁のビヤドゥに行ってきました。ここは隣のビリヴァルモルディブ屈指のハウスリーフが有名です。食事もおいしく、初めてのモルディブには最適でした。


沖縄旅行記

石垣・白保の珊瑚礁 (2000/9)
 沖縄は石垣島に行って来ました。世界一とうたわれる白保をスノーケルした様子を中心に紹介しています。時間があったら水中ムービーも見てください。


フィジー旅行記

フィジアンリゾート (1995/11)
 フィジービチレブ(本島)島のフィジアンリゾートに行ってきました。ビチレブ島のドライブ情報と、マナ島、ビーチコンバー島へのワンデイトリップの情報もあります。


オーストラリア旅行記

オーストラリア ケアンズ (2001/4)
 ケアンズとグレートバリアリーフのグリーン島へ滞在してきました。グリーン島のホテルは噂通り良いところでした。これからグリーン島へ行かれる方は滞在も検討してみてはいかがでしょうか。

オーストラリア ハミルトン島 ゴールドコースト シドニー (1993/2)
 初めての海外、そしてはまってしまった海。それはグレートバリアリーフでした。ハミルトン島、ゴールドコースト、シドニーと紹介していきます。


ハワイ旅行記

ハワイ オアフ島 第3弾(2004/10)
 またまた行ってきましたハワイ オアフ島第3弾です。モル帰省で貯めたスリランカエアのマイルでチケットをゲット!本当は今度こそハワイ島に行きたかったのですが、子供のことを考えるとオアフの方が楽しめそうということで、3度目です。もう7年たちましたが、渋滞がひどかった以外は以前と変わらず、島全体がテーマパークのようでした。

ハワイ オアフ島 第2弾(1997/5)
 実母、義母連れの親孝行旅行でした。いわゆるハワイ オアフ情報とドライブ、レストラン情報です。

ハワイ オアフ島 (1994/9)
 何故みんなハワイに行くのだろう?この疑問の答えはテーマパークです。ディズニーランドが好きならばきっと大好きになるでしょう。しかしワイキキ以外のハワイを知りたい方は、レンタカー必須。

ヨーロッパ旅行記

イギリス ロンドン(2016/07)
昨年子供が交換留学で滞在したイギリス。しかしヒースローから直接田舎の全寮制学校に連れて行かれたため、ロンドンは全く見ずに帰ってきました。今回はそのリベンジとしてロンドン観光を計画しましたが、急に思い立ったため飛行機がなかなかとれずにやきもきしました。中心部観光の移動に便利なウォルドルフヒルトンに滞在し4泊6日、実質まる3日しか観光できる時間がなかったのですが、事前に立てた綿密なスケジュールによりロンドン中心部の主要な世界遺産は全て見ることが出来ました!

フランス パリ(2014/07)
 数年前から行ってみたかったパリ!
 日数が少なかったので「まずパリと言ったらイメージできるところをまわってこよう」と、エッフェル塔は日本からHPで予約して、セーヌ川クルーズ、ノートルダム寺院、凱旋門(登りました!)、ヴェルサイユ宮殿、ルーブル美術館、オペラ座、奇跡のメダル教会、軍事博物館などを見学してきました。
 出発前はスリやひったくりなどが心配でしたが、ネット情報を元に気を付けて、幸い怖い目には遭わずに楽しい思い出と共に帰国することが出来ました。

イタリア ミラノ(2010/12)
 南の島へいこうよ!ですが、今回はイタリア旅行です。たまには歴史ある建造物を見て美味しい料理を食べ歩きたいと思って気分転換です。イタリア最大の教会「Duomo」でクリスマスミサも見学でき感動です。

各リゾートの概要とスノーケルの映像「南の島ムービー」もあります。