ブルーベリーの防鳥方法(樋口)
ブルーベリーは、鳥の大好物。ヒヨドリ、雀、ムクドリなどが狙っています。
防鳥方法として、オーソドックスなのはリンゴ園などで行っている防鳥ネット。
でも、とても(10アールで80万円?とか)お金が掛かるので、元を取るのに何年も掛かります。

そこで、ブルーベリーの生る1ヶ月ちょっとの間、安上がりに鳥除けするには・・・。

1)鳥除けの防鳥テープ。100m百円ぐらいで売ってます。これは良く田圃にありますね。
風が吹くと、ねじってあるテープがキラキラと動いて見える奴です。でも、鳥も慣れちゃうんですよね。
1Wぐらいの効果でしょう。

2)黒いテグス(釣り糸)。棒を立てて、鳥が通りそうな所に張っておきます。見えずらいので、
知らずに飛んできた鳥は、テグスに触れて、怖がって近寄らなくなります。釣具店で500m1000円ぐらい。

3)田圃に張る防鳥ネット。これは果樹園用と異なり、10アールでも3000円ぐらい。
張りずらくて糸が弱いので、なれないと張る前に破ってしまいます。

4)網目が2cm□ぐらいの硬質の防鳥ネット。カインズホームなどで、1mや2m幅で切り売りしています。
1m幅で1mあたり60円ぐらいだったかな?これは硬質なので扱いやすく、簡単に樹を囲む事が出来ます。
本数が少ない場合は良いでしょう。
1m以下の幼木なら、1m幅×2〜3mでOK。囲んで継ぎ目に支柱を立てても、
一樹あたり200円ぐらいで防鳥できます。

私は、3)のネットをキュウリ用のパイプを使って、その上に張りました。そうするとネットの中に立って入れます。
効果覿面ですが、張ってすぐに季節はずれの台風が来て、キュウリパイプごと飛ばされてしまいました。
しかも、ブルーベリーに絡まってひっちゃかめっちゃか!パイプとネットの端を地面にしっかりと固定して
いなかったのが原因。皆さんはしっかり固定しましょうね。

結局、私の場合は1)と2)を併用しています。完璧とは言えないけどかなり効果があります。
 

 

 防鳥資材。約10アール分で、全部で5千円ぐらい。
 
 資材(防鳥網、マイカ線、防鳥テープ等)
 
  ネットを張った図。
 
 上から見た図。キュウリパイプにマイカ線を渡し、その上にネットを張ってある。
鳥がネットに掛からない様に、防鳥テープを塀用しています。