ホーム地域情報都島NEWS

2006/4/4〜4/5
佐藤初女さんをお迎えしての

おむすびの祈りワークショップ

おむすびを作る佐藤初女さん

4/4〜4/5 比嘉正子記念会館(本通3-16-8)で、
「〜街のイスキア再び〜佐藤初女さんのおむすびでほっこりしましょう」
というワークショップが開催されました。
お米は水の吸い加減を見て、最高の状態に
炊き上げることができます。
くるみの皮を丁寧に剥いています
この開催に先立って、TV「たけしの誰でもピカソ」
で初女さんの放送があったので、ご覧になった方
も多いと思いますが、初女さんの作る料理、とりわ
け「おむすび」には、食べた人を幸せにする不思議
な力があります。

この日も、そんなおむすびを食べてみたい、
習ってみたいと言う、沢山の方々で会場は、
にぎわっていました。

お米の炊き方や、お料理方法など、ひとつひとつ
教わりながら、みんなで「おむすび」と「にんじんの
白和え」「キャベツ炒め」を作りました。

ひとつひとつの工程を大切に、食材を大切にする
ことが美味しい料理をつくる秘訣です。
白和えのころもづくり

おにぎりに使うご飯の量は、お茶碗で測ります 硬すぎず、柔らかすぎず
ご飯をすべて覆うように、のりは正方形に整えられています そして完成。これが初女さんのおむすびです
最後はみんなで美味しくいただきました 参加者全員に配られたランチョンマット
色々な悩みを抱えた人が、初女さんのもとを
訪れます。そして、ご飯を食べます。
ただ、食べるだけですが、みなさん元気になっ
て帰っていくそうです。
初女さんのお料理を食べて、自殺を思いとど
まる人もいるそうです。

「おいしいと感じることで、生きる力が出てきます」
この日いただいたランチョンマットに書かれていた
言葉、それがすべてを物語っているように思います。
初女さんが用意してくださったおつけもの

佐藤初女さんの簡単なプロフィールを紹介します。
1921年青森生まれ。青森技芸学院(現・青森明の星高等学校)卒業。
小学校教員を経て、弘前学院大学非常勤講師。
83年自宅を開放して「弘前イスキア」を開設。
92年に岩木山麓に「森のイスキア」を開く。
95年にガイアシンフォニー第二番に出演し、活動が全国的に知られるようになる。

イスキアとは、イタリアの南西にある火山島の名前で
この島にまつわるエピソードから名づけられたそうです。
--------------------------------------------------------------
「ナポリの大富豪の子息で、美しく教養の高い青年がいた。
地位にも財産にも能力にも恵まれ、何不自由なく生きてきた青年。
ある夜彼は、愛する美しい娘とボートで湖に漕ぎだした。
しかし、娘が彼の愛を受け入れ、満ち足りた思いに至ったその瞬間に
彼はどうしようもない虚脱感と倦怠に襲われた。

それ以後、何もかもが退屈で、何をする気にもなれなくなってしまった彼が
ふと思い出したのは、少年時代に父親に連れられて訪ねた
イスキア島のことだった。
彼は「みずみずしい感性で、すべてのものに好奇心を持ち、
生き生きとしていた自分をもう一度取り戻したい」と願い、
一人イスキア島に出かけた。

地中海に浮かぶイスキア島から眺める風景は静寂に包まれ、
青年は自分自身を見つめ、新たな力を得て現実の生活に
立ち戻ることができるようになった。
--------------------------------------------------------------
どうにもならない心の重荷を感じた時、そこへ行けば癒され、
自分を見つめ直し、新たなエネルギーを得ることができる・・・。
そんな場になって欲しいという願いが込められているそうです。


編集後記
ワークショップの書き込みがドットコムの掲示板にあり、
主催者の方からメールをいただいたのがきっかけで、初女さんのことを知りました。
その後TVで初女さんを見て、なぜ、初女さんのおむすびにそのようなパワーがあるのか
知りたくて、とてもお会いしたくなりました。

そして、実際にお会いしてみてわかったことは
初女さんに握手をしていただいたのですが、初対面の私に対して、
なぜだかわかりませんが「すごく愛してくれている」と感じるんです。

この日は「ワークショップ」という形でしたが、実際に「弘前イスキア」を訪れると
「初対面の私に対して、こんなに心のこもった美味しいお料理をたべさせてくれて
私はすごく愛されてる」って感じるんじゃないかな・・・っと思いました。

実は、まだ「ガイアシンフォニー第二番」を見ていませんが、この映画をみると
より深く初女さんを知ることができると思います。

最後になりますが、私に佐藤初女さんを知る機会を下さった、澁谷さんに感謝いたします。
ありがとうございました。




都島区.com top

Cpyright(c)2002-2006 miyakojimaku.com All Rights Reserved