マラソンパン

【完全予約制】マラソンパン▼

マラソンに必要な栄養補給は、走る前と後では異なります。
しかも、モチベーションをアップさせるのには味や見た目も大切。
ゼリー飲料やサプリメントでは、モチベーションが上がらない!
そんなあなたの為に、こんなパンを作りました!!
■まず第一に低脂肪であること。
そしてタンパク質、糖質、ミネラル、ビタミン、スパイス等を適度に含み、
脂肪燃焼効果による持久力アップと即効エネルギー補給、
そして筋肉の回復力アップを狙い開発しました。

→マラソンパン詳細

マラソンパン完走者リスト▼

そらさん(愛知男子)
2016長野マラソン

キミタマさん(埼玉女子)
2016はなもも古河マラソン

黒爺さん(東京男子)
2016はなもも古河マラソン


ハルミサさん(左)(埼玉県男子)
旭化成陸上部 村山紘太選手(右)
2017森林公園完走マラソン(ハーフ)

ロコパパはナゼ走る?▼

きっかけは、劇団四季のミュージカル「キャッツ」。
ある日、家族4人で初めてのミュージカル観劇に出かけた。
電車が池袋に着く直前に、チケットを忘れた事に気づく。
チケットがないと会場に入れないどころか、開演時刻に間に合わないと途中入場させて貰えず、4人分の代金44,000円をドブに捨てる事になる。
ロコパパは重大な任務を背負い、一人で家に取りに帰った。
電車を降りて家まで猛ダッシュ。
100mもしないうちに、息は切れ、心臓が暴れだし、冷や汗が吹き出る。
脚は止まり、歩くのも精一杯。震える手で玄関の鍵を開け、チケットを探す。
水を一杯飲んで、今度は早歩きで駅へ戻る。程なくして来た電車に乗り、席に倒れこむ。
胸は苦しく、肺を動かす筋肉が痛む、喉の奥から血の味がする。
(オレはこのまま心臓麻痺で死ぬのかも知れない)
本気でそんな事を考えながら、電車はゆっくりと池袋へ近づいて行く。
五反田の駅に付いた時には、開演時刻の5分前。
タクシーに手を挙げ乗り込み、キャッツシアターに着くと、黒服のドアマンが席まで案内してくれた。
目の前では、なにやら猫たちが動いている。
(奇跡的に開演に間に合い、しかもオレは生きている)
その事実を、一人静かにかみしめていたので、肝心のミュージカルの内容はさっぱり覚えていない。(笑)
その日の帰り道。
(家族を守る為、いざと言う時に男が走れないでどうする!)
と深く反省し、ほどなくしてスロージョギングを始める。
そして徐々にマラソンの世界へ足を踏み入れていくのだった。。。(つづく?)

店主:ロコパパ
1967年生まれ
40才を過ぎてから突然走り始める。