2003年4月6日 さくらの里桜祭り

桜は3分咲きでしたが、県外から沢山の人が訪れました、
久々の渋滞がおこりました。
さくら祭りで逢ったキャバ君  三島のジョン君       千葉のシェリィちゃん
満開の紅八重枝垂桜
一日で6分咲きに成った染井吉野

          2003年4月9日撮影
紅八重枝垂桜
枝垂桜
青葉の中に白い花を咲かす大島桜
大島桜は染井吉野の祖先です。 桜の代名詞、染井吉野は地名染井(現在はないが駒込
あたり)に住んでいた植木職人・伊東伊兵の手により作られた桜です。
さくらの里の桜は昨年の10月頃から5月中旬まで35種類3000本の桜が
次々と咲いては散って行きますが、なんと云っても3月下旬から一週間ほど
楽しませてくれる染井吉野が一番華やかです。 今年は例年と違い開花の
時期が一週間ほど遅く4月の5・6日に行われた、さくらの里桜祭りの時は
3分咲き程度でしたが7日には5分咲きでとてもきれいでした。
一般的に、桜(染井吉野)の開花はその年の1月の気温で決まるそうです、
気温が低いと開花が早く、暖かいと遅くなるそうです。

  4月のさくらの里は珍しい種類の桜が沢山咲きます。ここをクリックして下さい。
4月のさくら






































































































































































































































































戻る