176.桜 石2 Cerasite (日本産)

 

 

ホルンフェルスの中に住む私は、菫青石から生まれました。

桜石 (菫青石ホルンフェルス)−京都府、亀岡市湯の花産

 

菅原道真公(845-903)は学問の神様といわれている。
平安前期の学者にして政治家。宇多・醍醐両天皇に重用され、文章博士、蔵人頭などを歴任した。その後、右大臣まで登ったが、藤原時平の嫉みをうけ、讒訴によって九州筑紫大宰府に左遷された。2年後任地で没したが、時平への恨みから京の都に祟り、雷を落し雹を降らせ、さまざまな怪異をなしたとされる。恐るべき神様だ。

それはさておき、道真公といえば梅の木の故事が有名である。梅は春に先がけて咲く。南北朝時代の朝山梵灯の連歌書には「よろずの草木の先に花開くがゆえに花の兄と申すなり」とあり、「花の兄」とも呼ばれた。古くに中国から渡来したとされ、貴族たちが最も好んだ花だった。万葉集には118首詠まれている。
道真公は都を去る時、庭の梅に別れを惜しみ、「東風吹かば 匂いおこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな(春な忘れそ)」と詠った。うれしいとき、かなしいとき、感情が極まっても乱れず、淡々と歌に託してこらえるのは昔の和人の嗜みだった。
そんな彼が延喜元年(901年)正月、大宰府に向う船に乗って門司の青浜近くを通りかかった。折りしも梅林が満開である。公はしばしの休息をとろうと、浜に船を寄せた。と、梅の花がいっせいに舞い散った。あたかも公を慰めんとするかのよう。船人たちは皆その美しさに感じいった。青浜特産の珍石、梅花石は、そのときの花びらが地中に凝ったものだという(ちなみに中国にも梅花石と称する模様石がある)。
このほか、一夜にして京から大宰府にテレポートした飛び梅の故事もあって、道真と梅の木は、比翼の鳥、連理の枝といった間柄らしい(ちょっと違うか)。

さて、菅公には桜にまつわる伝説もある。

公の近臣に高田若狭之介正期(まさとき)という、稗田野の鹿谷(ろくや)出身の忠義者があった。大宰府左遷の折、正期は公が寵愛していた桜の木を形見に拝領し、故郷の稗田野に移し植えた。その年は見事な花が咲いたが、翌年の3月には葉ばかりで花が咲かない。正期は、もしや公の身に何かと、はるばる大宰府まで駆けつけた。忠節に感じた道真は、天拝山の土で自像を作って持たせた。正期は故郷に帰ると、独鈷抛山(とこなげやま)の麓に祠を建て、像を祀った。

それから300年経った。建久元年(1190年)、浄土宗・積善寺の住職、無極上人の夢枕にしばしば菅神が立った。上人は感得するところあって、かの祠を天神山の麓にある寺の境内に移した。かつて正期が桜を植えた場所である。すると「奇なるかな桜樹の精霊、樹下の巌に形を現す。これ全く神慮により、樹は枯れ朽ちつるが故に、岩石に花の紋を残し給うなり」(桜天満宮縁起書)、境内から桜の花の形をした石が産するようになったのだ。菅神を祀った祠は桜天満宮と名づけられた。
この寺の桜石は江戸時代の中頃から世に広まった。昭和の初めには、桜石を紙に包んだ厄除け、雷避けのお守りが参詣者に授けられていたという。

No.77では桜石と鬼と湯の花温泉との関わりを紹介したが、こちらは桜の木と菅公との因縁を伝えている。鉱物愛好家以外、この話を知る人はさらに少ない。
もっともこのお話も、寺社創生に付会した作り話ともいうけれど。

補記:桜石は風化によりピニ石化した斑晶菫青石で、母岩は粘板岩・泥板岩のような粘土質の岩石から接触変成して生じた黒色変成岩(ホルンフェルス)。菫青石は3連または6連双晶をなし、これがピニ石化したために結晶横断面が六弁の桜の花のように見える。鉱物種としては絹雲母(セリサイト Cericite)と緑泥石質の混合物という。セリサイトと紛らわしいが、セラサイト Cerasite の名は Cerasus (サクラ属の名称)に因み、いわば桜石を国際名っぽくしたもの。鉱物和名辞典(1959)によると、桜石の命名者は菊池安、1888年のことという(ギリシャ語の Keraros(チェリー))。なお「桜石」と称するものは、この種の石に限らず各地にさまざまなものがある。
結晶図はセカニナ石(No.469)参照。

補記2:梅は古来から中国で愛でられた花で、さまざまな含意を与えられてきたが、学問に関わる逸話では、南朝の東晋の哀帝(在位 361-365)が読書を始めると花が開き出すという故事があって、「好文木」(こうぶんぼく)と雅称された。読書家の道真が梅を愛したのもむべなるかな、である。
ちなみに万葉集に梅の歌が118首あるのに対して、桜を詠んだ歌は40首である。平安時代前期には花といえば梅であったが、後期になると花は桜へと変わってゆく。