168.トルマリン Tourmaline (アフガニスタン産)

 

 

エルバイト−アフガニスタン、ヌリスタン産

 

トルマリンは成分組成に変化が多く、一般式は (Ca,K,Na)(Al,Fe+2,Fe+3,Li,Mg,Mn+2)3(Al,Cr+3,Fe+3,V+3)6(BO3)3Si6O18(O,OH,F)4 と書ける。与えられた環境にあるイオン素材をなんでも取り込んで、さっさと結晶してしまおうという積極果敢な鉱物だ。それでいて基本的な結晶構造は、どんな時にもしっかりキープしている。
この化学式を見て頭がくらくらしない人は珍しく、ビクトリア朝時代の学者ジョン・ラスキンは、「美しい鉱物の成分表というより、むしろ中世の医師の処方箋のようだ」と洩らしている。

トルマリンの名は、シンハリ語(スリランカの言葉)の Turamali に由来する。意味はよくわからない。「灰を引きつける」とも読めるそうだが、島の沖積層で見つかる礫状の宝石のうち、何の石とも知れない半端なものを、ひとまとめにこの名で呼んでいたともいう。

18世紀の初め、東インドからこの石を初めてヨーロッパにもたらしたオランダの船乗りたちは、アッシェントレケル(アッシュ・リムーバー)と呼んだ。暖められたトルマリンの結晶は静電気を帯びる性質があり、パイプの灰を取り除くのに便利だったからである。

写真の標本はリチウムを含む宝石種で、エルバイト(リチア電気石)という。もちろん、私は灰掃除に使ったりなど絶対しない。