94.隕鉄 Gibeon Meteorite  (ナミビア産)

 

 

格子模様がきれいでしょ? ときどき、観賞用のナイフや時計の文字盤なんかに使ってもらってるんですよ。

裏面。フュージョン・クラスト(溶融皮膜)に覆われている。

隕鉄−ナミビア、ギベオン産

 

宇宙から飛来した隕石の一種で、鉄を主成分とし、4〜25%程度のニッケルを含んでいる。

この種の合金は、惑星内核部の高温液相には安定的に存在するものの、地表付近の鉄鉱石ではありえない組み合わせだという。逆にいえば、隕鉄は、太古に破砕した惑星中心部のカケラだったらしい。

古代の鉄器や鉄剣を分析すると、しばしば成分中に数パーセントのニッケルを含んでいることがある。こうした鉄は、当時、隕鉄以外には入手出来なかったはずで、人類は宇宙からの贈り物によって鉄を知り、鉄器文明へと導かれていったと考えられている。

隕鉄は、炭素をほとんど含まない極軟鉄だが、ニッケルの硬化作用により、古代の用器としては十分実用になったようだ。この件について興味のある方は、併せて次のページもご覧下され。「天空の剣の話」。

ギベオン隕鉄は、1836年にナミビアのギベオンで発見された。成分分析がされているので紹介すると、

ニッケル
 %
コバルト
 %
リン
 %
クロム
 %

 ppm
ガリウム
  ppm
ゲルマニウム
  ppm
イリジウム
  ppm
7.80
7.98
7.82
0.40
0.44
---
0.034
0.02
---
3
---
---
100
---
---
---
2
1.99
---
<1
0.119
---
---
2.1

隕鉄は、ニッケル含有量の多いアタキサイト(12%以上)、比較的多くのニッケルを含み(6%〜16%)、落下例比率の多いオクタヘドライト、ニッケルの少ないヘキサヘドライト(4〜6%)に分類される。ギベオンは、オクタヘドライトである。

隕鉄の切断面を研磨して、酸でエッチングすると、鉄とニッケルの冷却速度の違いに基づく、幾何学的な模様が現れる。この模様は、ニッケルの含有率によって異なり、アタキサイトでは通常、腐食模様は生じない。オクタヘドライトでは、画像のような格子模様が現れる。ウィドマン・シュテッテン構造という。構造に異方性があるため、切断する角度によって異なる模様が現れる(下図参照)。ヘキサヘドライトでは、平行線模様が現れる(ノイマン線)。また、オクタヘドライトは、ニッケルが少ないほど、格子模様の目が細かくなる傾向がある。

鉱物種としては (Fe, Ni) の組成の Taenite テーナイトと自然鉄との混合物にあたる。(ニッケル分のより少ない Kamacite カマサイト (Fe,Ni) は2006年にニッケルを含む自然鉄の亜種扱いとなった)

鉱物たちの庭 ホームへ