鉱物たちの庭 タイトル

鉱物 目次1 ギャラリー 蛍光鉱物 私家版鉱物記

ようこそ! 鉱物たちの世界を、ゆるゆると見物に参りましょう!

鉱物 目次2 ひま話 石のしずく

UPDATE  on February 8th, 2020

鉱物たちの庭 更新:ギャラリー No.893 灰バナジンざくろ石

(2/1) ギャラリー No.892 アンドラダイト

(1/20) ギャラリー No.891 ツァボライト

(1/12) ギャラリー No.890 グロッシュラー

 

◇ サイトマップ(ノンフレーム・テキスト版), also for iPhone ◇

最近の更新情報 ご意見・ご感想をお聞かせください。 リンク集

*ごあいさつ*鉱物名称表*

キリ番録   

 Memo & Photos

 

2/8 気に入った本が出来て、手に入れたとして、
では何度読み返すか、と考えてみると、
数十年というレベルでみても
10回読む本なんてそうそうあるものでない。
(まあ何十回読んだ本もあるけど)
しかしいつでも手にとれるという安心感は
大きなアドバンテージではある。
つうわけで、「燈火節」。思い切って買いました。
(もちろん古本)

1/29 ダフネ・デュ・モーリアの「レベッカ」 初読。
んんんん、素晴らしい。

僕は学生の頃、面白そうな本を探すのに、出版社の
文庫目録の解説文を結構参考にしていました。
で、その説明というか煽り文句を読んで、「レベッカ」の場合は
全然惹かれないで今日まで来てしまったのですが、
恩田陸さんが繰り返し褒めてたので手にとってみたわけ。
フェルデンクライスが、何を書くかではなくてどう書くかです、
と言ってましたが、ほんとにその通りだな、と思いました。
茅野美ど里さんという方はいい翻訳をなさる。

神ともにいまして 行く道を守り 天の御石もて 力を与えませ 

1/12  画像のUP

野の花

 

以前のTOP画像へ

サイト名:鉱物たちの庭  "The Courtyard of our Minerals"
 このウェブサイトは鉱物や鉱石、結晶や宝石の世界にゆるゆると遊び、愉しむことを趣旨としています。

「随筆とは、博く書を探し、その抄をつくること」と石川淳は言ったと久世光彦によって知りました。
このホームページのコンテンツは概ねそういう類なので、
「インターネット鉱物随筆」を標榜したいと思います。

鉱物たちの庭 バナー  
(↑ http: 側へリンク) (https:側へ

◇ 宝石鉱物トピックの目次 ◇
◇ 標準サイトマップ(フレーム版) ◇

 
鉱物ギャラリー 蛍光する石たち 私家版鉱物記 鉱物名称表 最近の更新履歴
ひま話(鉱物よもやま) 蛍石庭園 めのう迷宮 旅のひとコマ 鉱物系サイトリンク