鉱物たちの庭 タイトル

鉱物 目次1 ギャラリー 蛍光鉱物 私家版鉱物記

ようこそ! 鉱物たちの世界を、ゆるゆると見物に参りましょう!

鉱物 目次2 ひま話 石のしずく

UPDATE  on March 29th, 2020

鉱物たちの庭 更新:ひま話 フライベルク工科大学コレクション4

(3/21) ギャラリー No.895 レインーガーネット

(3/15) 旅のひとコマ No.66 フライベルク

ひま話 フライベルク工科大学コレクション3

 

◇ サイトマップ(ノンフレーム・テキスト版), also for iPhone ◇

最近の更新情報 ご意見・ご感想をお聞かせください。 リンク集

*ごあいさつ*鉱物名称表*

キリ番録   

 Memo & Photos

3/29 引き続き FF7をぼちぼちと。 1997年発売のゲームですが
よく作り込まれていて、実に豊かな世界です。グラフィックも綺麗。
前にやったのが何時だったか思い出せませんが、15年ぶり以上
になるでしょう。やりながら、「ああそうだった、これはとんでもない
『やり込み』ゲームだった」と思い出しかけてます。
古い攻略本を引っ張り出してきて、ちょっとずつ遊んでます。
図書館もずっと閉まっているし、ちょうどよい気晴らしに。

3/22 FF7 の序盤、ミッドガルから出るところまで(つまりリメイク版の
1作目の範囲まで)を遊んだ。ボリュームとしては数時間程度で、
3枚組ディスクの1枚目もまだ終わってない。
ってことはリメイク版は4〜5部作以上必至か。
もしかすると1作目だけリリースされて、後は出ないという可能性も
ないとはいえない。やはり一択か。一蓮托生。

PSのメモリカード、調べてみると容量は 120kB だそうだ。
1994年に売り出されたデバイス用だからそんなもんだったんだな。
FF7 楽しい。主人公たちの名前を自由に決められるのもいい。

3/22 Gem & Gemology 誌は GIA(アメリカ宝石学会)の機関誌ですが
サイトからバックナンバーを自由に読むことが出来ます(ダウンロードも)。
総合索引があると便利なのですが、今のところ見つけられてません。
(あったら教えて下さい。)
代わりにバックナンバーを1ファイルにまとめたものがネット上にありますが、
pdf ファイルでなんと 1.1Gバイト超の大ファイルです。
こんな膨大なデータを扱えるのが、今のパソコンなんですね。

3/21 読書の楽しみは、日本語の読める人には社会的ポジションに
関わらず、ほぼ等しく享受可能な喜びと思います。
雨柳堂の文庫版 11巻が出たので早速手に入れて
布団の中でゆっくりと頁を繰りました。(まあ、マンガですけどね)
こういう時に私は、なんだかんだあるけどともかく
生きててよかったなあ、という気分にひたります。
仮に自分が生きることの意味が、この本を味わうことだけに
あったのだとしても、それでもよかったんじゃないかな、と。
で、明日からはどうするんじゃ?

3/21  画像のUP

スズ製の飾り小皿 20年くらい前にお土産にいただいた
(表面にクリアコーティングしてあるらしく、錆をふかないみたい)

ちなみに昔、日本にあった1銭錫貨などは錆のないものなんかまずないです。

 

以前のTOP画像へ

サイト名:鉱物たちの庭  "The Courtyard of our Minerals"
 このウェブサイトは鉱物や鉱石、結晶や宝石の世界にゆるゆると遊び、愉しむことを趣旨としています。

「随筆とは、博く書を探し、その抄をつくること」と石川淳は言ったと久世光彦によって知りました。
このホームページのコンテンツは概ねそういう類なので、
「インターネット鉱物随筆」を標榜したいと思います。

鉱物たちの庭 バナー  
(↑ http: 側へリンク) (https:側へ

◇ 宝石鉱物トピックの目次 ◇
◇ 標準サイトマップ(フレーム版) ◇

 
鉱物ギャラリー 蛍光する石たち 私家版鉱物記 鉱物名称表 最近の更新履歴
ひま話(鉱物よもやま) 蛍石庭園 めのう迷宮 旅のひとコマ 鉱物系サイトリンク