ランニング登山


ある日、「ランニング登山」(山と渓谷社)という本に出会ってから、自分でもどれだけできるか試してみた。
最初のうちは、山を走るなんて信じられないと思ったが、馴れてくれば二日間を要するコースも日帰りが可能である。
仕事と家庭を持つ身としては時間を有効に使えるのが嬉しいし、のんびりした山歩きとはまた違った充実感を味わえる。

1991年6月 八ヶ岳

 夜行で八ヶ岳へ向かい、登山口の美濃戸口から走り始める。途中からは走るというより早歩きだったが、それでも主峰赤岳まで2時間17分で登ることができた。

[コース]
美濃戸口〜行者小屋〜赤岳〜横岳〜硫黄岳石室〜赤岳〜真教寺尾根〜清里
(標準時間約13時間40分
所要約9時間

1991年9月 南ア・鳳凰三山

 甲府駅で仮眠し、朝一番のバスで広河原へ。快晴の下、白ザレの稜線を走り抜け、昼過ぎには夜叉神峠にたどり着いた。

[コース]
広河原〜白鳳峠〜鳳凰三山〜夜叉神峠
(標準時間約13時間30分
所要約8時間)

1992年5月 八ヶ岳

  昨年に引き続き、八ヶ岳二回目のランニング登山。しかし、5月はまだ残雪が多く、思ったよりもスピードアップは図れなかった。

[コース]
美濃戸口〜御小屋尾根〜阿弥陀岳〜赤岳〜地蔵尾根〜美濃戸口
(標準時間約9時間40分
所要約7時間)

1992年6月 丹沢・大山

 7月の富士登山競走に備えての自主トレ。
 仕事を午後休んで、横浜市内の職場からMTBでスタート。20km走った後は、そのままランニングで大山頂上へ。帰りは再び伊勢原からMTBで横浜へ戻るバイアスロンだ。

[コース]
横浜市(自転車)伊勢原〜大山頂上〜伊勢原(自転車)〜横浜市(所要約6時間)

1992年7月 丹沢主稜

 前年、富士登山競走でわずかに時間内完走を逃したため、今回は最後の調整として、この丹沢のメインコースを選んだ。

[コース]
伊勢原駅〜大山〜表尾根〜塔ノ岳〜丹沢山〜蛭ケ岳〜檜洞丸〜西丹沢
(標準時間約15時間40分
所要約9時間)

これらは登山競走に向けたトレーニングとして行ったものです。
本番の登山競走の成果は
Runningのコーナーを見てください。


 Mountain Index