夏の黒部 丸山東壁・緑ルート

 

日程:2008年7月19日(土)〜21日(月)

同行:ju9cho氏(おやぢれんじゃぁ隊。"Heaven Site")

色字下線部分をクリックすると写真が表示されます。


 七月、「海の日」を挟んだ三連休。

 今年は梅雨入りが早く、これなら七月連休は梅雨明けの好天が期待できそうと、昨年来の宿題である「黒部の巨人」こと丸山東壁を目指す。

 目標の「緑ルート」は、400mの壁を人工主体で登る人気ルート。アルパインをやっている者なら押さえておきたい一本である。

 前年、天候不順によりそのまま見送りになってしまっているので、今回何とか片付けたい。

 二週間前にはミズガキの人工ルートでアブミの練習をキッチリ済ませ、準備は万端である。 

 

 連休前夜の金曜日。

 仕事を終え、そのまま新宿に集合し、深夜高速バスで翌早朝には黒部の玄関口「扇沢」に到着。

 アルペン・ルートで剣・立山へ向かうおじちゃん、おばちゃんら(ウチらももう立派なオッサンだが)の群れに混じってトロリーバスに乗車。

 黒部ダムからいよいよ歩き始める。

 

一日目 天候:快晴無風

 扇沢6:30−黒部ダム6:50〜7:05−内蔵助谷出合(テン場)8:05-35−緑ルート取付11:55-12:10−テン場12:40

 

 計画では、初日から速攻で取り付いて、その日は東壁上部の「中央バンド」へ。

 バンドの一角、通称「ホテル丸山」と呼ばれる岩小屋でビバークし、翌日は核心である大ハングを越えて、登攀終了。

 うまくいけば二日で片付く余裕のプランを考えていた。

 ところが、世の中甘く見てると、とんだ落とし穴があるものだ。

 黒部ダムのトンネルを行く。 黒部ダムの裏口 虹が架かる中、黒部川を渡る。

 まずはダムの裏口からこっそり出るようにして、黒部の川床まで登山道を下降。

 木橋を渡って左岸へ移り、そのまま黒部下流へ向かって歩を進める。

朝の陽射しがダム放流の水飛沫にあたってあちこちできれいな虹が映し出される。

 途中、雪渓で道を塞がれたりしていたが、難なく通過し、ほぼ一時間でテントサイトのある内蔵助谷の出合に到着。

 今回の不安要素として、他パーティーがいた場合の「渋滞」を心配していたが、先にも後にも丸山へ向かう岩ヤの姿はなく、まずは一安心。

 

 二人用のドームテントを張ってここをベースとし、ギアと食料、ツェルトやシュラフ・カバーなど簡単なビバーク用具一式だけザックに詰め直して再出発。

 ここまではいたって順調だったのだが・・・。

 

 ベースからほんの少し樹林帯の踏跡を辿っていくと、白い岩盤の小ルンゼに行き当たった。

 ju9cho「これがおそらく一ルンゼでしょう。」

  私   「ふむふむ・・。」

 二人とも丸山は今回が初めてである。

 黒部ダムの放水 内蔵助谷への道 間違えた小ルンゼ

 そのまま小ルンゼに入ってすぐに右手の踏跡らしきところを分け入っていくが、どうもその先ハッキリしない。

 しばらく草木を掻き分け登っていくが、そのうちロープ無しではちょっとシビアな岩場に突き当たってしまう。

 「うーん、これは・・・。」「やっぱ、ちょっとおかしいんじゃない?」

 

 というわけで、一旦退却。

 それでもなぜか「先ほどのルンゼが一ルンゼ」と妙な固定観念を持ってしまい、ガンコな二人はそのままルンゼを詰め上がる。

 登るにつれルンゼは狭く急傾斜となり、気がつくと結構高い位置まで上がっていて、しかも今から降りようにも回りの岩がボロボロで懸垂の支点も取れないという、お決まりの良くない展開。

 とにかくこっちだろうと右手のブッシュに突っ込むが、すぐにまた突破不能の岩場に出てしまい、仕方ないのでそのまま手近な潅木に支点を取ってブッシュの中を懸垂下降&クライムダウン。

 降りた所が本当の一ルンゼの出合で、結局ワケのわからんアプローチ・ミスで二時間弱もタイム・ロスしてしまった。

 一ルンゼは雪が残り、割と幅のある谷筋。目の前に丸山東壁がズドンと聳え、最初からここまで来ていれば間違えようもない。

 そんなわけで、ようやく取付に着いた時には、既に正午近い有様。

 

 まぁ、しょーがない。とりあえず今日のところは取付の確認まで、と思ったところ

 「今から取り付いて、3時までに三日月ハングを越えられたらそのまま上まで。越えられなかったら懸垂で降りて仕切り直し・・ってのはどぉ?」とju9cho氏。

 

 (えっ、マジで?・・ちょっと今からじゃ遅いんじゃないの。それに天気が良過ぎてメッチャ暑いし。)

  事前に拝見した他パーティーの記録では中央バンドまで結構時間が掛かっており、途中夕闇に掴まり、ヘッドランプ点けての登攀でさらに深夜近くまで残業なんて例もあったりするし、逆に途中で引き返すなら、ただの徒労に終わってしまう。

 自分的には何とも気が乗らず、「うーん、やっぱ明日、出直しましょう。」と言ってju9cho氏には了承してもらう。

 はたしてこの判断が良かったのか、その時は知る由もなし。

 

 担ぎ上げたギア類は、そのまま取付の草陰にツェルトにくるんでデポ。

 一ルンゼを下ってベースに戻り、午後の半日は下の河原で「昼寝&焚火」でまったり過ごす。

 黒部炎上。 さらに炎上!

 

二日目 天候:小雨時々曇り

 出発4:10−取付4:55(1ピッチ登攀後、下降)6:30−テン場7:15

 

 午前三時起床。

 そそくさと朝食の棒ラーメンをすすり上げ、四時過ぎにはヘッドランプの明かりを頼りに取付へと向かう。

 しかし、見上げる空は予想に反してドンヨリ。おかしいなぁ。事前の天気予報では三日間まずまずの天気だったはずなのに。

 まぁ、暑さにやられずに済むのはありがたいけど・・・。

 

 辺りが薄明るくなった頃、取付に着き、さっさとギアを身に付ける。

 今回の順番は私が奇数、ju9cho氏が偶数ピッチと事前に決めていた。(核心の大ハングはju9cho氏が自ら志願!)

 で、私からスタート。

 ところが、登り始めるやいなや、ポツポツと降ってきた。カンベンしてほしい!

 ま、すぐにやむかもしれないし・・と、とりあえずそのまま続行。 

 スタートはリング・ボルト2本が並んで打たれている地点で、そこから直上のスラブがホールド乏しく思いのほか悪く、最初のボルトまで10m近くある。・・・マジ?

 岩も濡れてフリクションがまったく利かないので、少し右手、ボルト3本連打のラインから最初からアブミで取り付く。

 

 ボルト3つ分上がった所からは、無理やり左の正規ルートへアブミ・トラバース。

 ランニングは取れたが、足が滑りそうでけっこう怖い!

  どうにか正規ラインに移り、そこからは適度な間隔で打たれたリング・ボルトを頼りに、アブミの架け替えで高度を上げる。

 所々でビミョーなフリーも交えながら登っていくと、ルートは右にカーブを描くようにして小潅木のビレー点へ。

 40m下でビレーしているju9cho氏に声を掛ける。

 

 私   「ビレー解除ぉー!」

 ju9cho「テッ・・・シュー・・・。」

 私   「・・・エッ?なぁにー!」

  ju9cho「雨が強くなってきたから撤収ぅー!」

 

 えぇー、そうなの?せっかくここまで登ってきたのに・・・もったいないっ!

  しかし、登っている時は気にならなかったが、改めて周りを見ると壁全体が雨に濡れてビショビショ

 人工主体なので雨など関係ないかもしれないが、これではちょっと気が削がれてもしかたがない。

 

 結局、この日は私がわずか1ピッチ登っただけで終わり。

 その後は降ったり止んだりの天気で、他にすることもなく、終日テントの中で昼寝三昧となる。

 それにしても、昨日は取付までで午後は昼寝、今日はわずか1ピッチのみで、肉体的には大して疲れていないのに、二人とも実によく眠る。

 よほど普段の仕事で疲れ切っているのか(^^;)

 

 「まだ最終日がある。」とju9cho氏は意気盛んだが、私は正直、この時点で敗退必至の予感。

 あーぁ、やっぱ無理しても昨日取り付いておけば良かったか。悔やんでも、昨日止めたのは自分だし、今となっては後の祭りだ。

 野球で言えば七回を終わって3対0ぐらいの敗戦ムードのテントの中、時計を見ればまだ午後三時・・・。何ともやるせない時間が過ぎていく。

 

 

三日目 天候:晴れ

 出発3:50−取付4:30〜5:00−中央バンド10:00〜10−大ハング上(終了点)11:45−取付13:15−テン場13:55〜14:20−黒部ダム16:05

 

 昨日と同じく、午前三時起床。

 「・・ダメかなぁ」

 テントを開け、空を見上げると雲の切れ間に星が輝いている。おぉっ、行けるかも!

  朝食を済ませサササッと用意を済ませ、ヘッドランプ点けてガツガツ登って四時半頃には取付に着いてしまった。よほど気が急いていたのだろう。

 

 朝の御勤めをキッチリ済ませ、ガチャ類一式を身に付ける。

 今日中に下山しなければならないので、登攀のタイム・リミットは正午までと決める。

  時間との勝負・・・(あきらめたら、そこで試合終了ですよ。)安西先生の言葉を思い出す。

 

1P目 フェース40m W-、A1

 私がリード

 相変わらず出だしのスラブ直上は、最初のボルトまで10mのランナウトが怖い。

 昨日と同じく右側のボルト・ラインから取り付こうとしたら、ju9cho氏が「左側はどう?」と指差す。

 見ると、草付き、泥付きのスッキリしない浅い凹角だが、こちらの方が何とか行けそうだ。

 グランドフォールしないように慎重にロープを伸ばし、10m上の最初のボルトにクリップして、ようやく一息。

 ここからは昨日登っているので、快調に飛ばす。

 

 昨日到達したブッシュの中のビレー点から木登り交じりで先を偵察するが、なぜかその上はボルトが完全に消えている。

 「???」

 左右に目を凝らすと右手にボルト・ラインが確認できたが、これは明らかに隣の「扇ルート」のものだろう。

 で、左は?と目をやると・・・あった!

 左手の白いフェースに残置ボルトが適度な間隔で続いている。

 フォローのju9cho氏にルートを指示し、途中から左側(実際には中央)の小テラスに移ってもらった。

 (ビレー点の残置スリングは緑色のため、時期によっては草付に隠れて下からはまったく見えない。要注意。

 1P目。イヤらしいフリーが入る。 2P目。テラスがブッシュに隠れて見つけにくい。

2P目 フェース 30m A1

u9cho氏リード。

比較的単調な草付混じりのフェース。ほんの1〜2歩フリーが入るが、特に問題なし。

フォローの私がいる位置は正規ルートから外れてしまっているので、振り子で移動しようとしたが、今にも折れそうな、か細いブッシュを掴んでトラバース。

何とかテンションかけずに移動することができた。

正規ルートに入ってからは極力飛ばし、ビレー点に着くとju9cho氏から「やっぱ速いねぇ。」とお褒めの言葉をいただく。

 2P目終了点のju9cho氏 3P目、「三日月ハング」へ向かう私

3P目 フェース、ハング 40m A1

 私がリード。

 「三日月ハング」のあるピッチ。

 ju9cho氏は「ハングの手前で一回切って。」と言うが、ここからハングまで20mぐらいしかなく、ハングのすぐ上の支点を飛ばして、さらにもう一つ上の立派なビレー点までも届きそう。

 もしかしてju9cho氏、最後の大ハングだけでなく、ここも自分がやりたいと・・?(もぅ欲張りなんだからぁ)

 まぁ、近くまで行って見てからということで、私がロープを伸ばす。

 

 三日月ハングは張り出し1m強ぐらい。

 スケールとしては二週間前のミズガキ「鎌形ハング」と同程度か。(・・・練習しといて良かった。)

 ハングの中央、最も張り出した部分を越えていくのだが、岩もボルトもしっかりしていて心強い。

 ハングの手前で振り向いて残りのロープを確認するとまだまだあり、ju9cho氏から「そのまま行っちゃってくださーい!」と声が掛かったので、そのまま突っ込む

 ガイドブックでは、ハングの抜口のボルトがやや遠い(?)と書いてあったが、特に問題なし。

 ハング上のビレー点を飛ばし、さらに10m上のビレー点まで伸ばしてピッチを切る。しっかりした整備された支点でハンギング・ビレイ。

 

 やがて、フォローのju9cho氏が上がってくる。

 この辺り、高度感がなかなか。

 夏の陽射しを浴びた「白い巨塔」を我々二人で貸切とは何とも贅沢で気持ちいい。

 3P目・・・ フォローする・・・ ju9cho氏

4P目 フェース 30m A1

 ju9cho氏リード。

  ここもきっちり几帳面に打たれたボルト・ラダー

 あまりにも多く打たれていて、間隔は短い。

 一つ飛ばしでランナー掛けてたら途中でヌンチャク足りなくなるだろうな、と思っていたら、やはり上の方でju9cho氏が「うっ、ヤバイ!無くなりそうだ。」とボヤいていた。(^^;)

 天気もグングン良くなってきて、抜けるような夏の青空。イワツバメの群れがビレーしている私の傍を切り裂くように飛びまわっている。

 ブッシュも小癪なフリーもなく、スッキリしたフェースをガンガン飛ばす。

 

5P目 フェース〜トラバース〜草付きンゼ 50m A1、W〜V-

 私がリード。

  出だしは普通のボルト・ラダーで直上。途中、新しく打ち足されたリング・ボルトの所まで到達するとその上が・・・なぜか無い。

 正規のルートは途中から右へ右へと移っていき、ピンもリング・ボルトでなく、草付きに隠れたハーケンが多くなるので、要注意。

 この季節、場所によっては草の生え方が激しいので、ハーケンを見つけるのもちょっとした宝探しとなる。

 草を掻き分け、岩の間に古いハーケンを見つけると「おっ、こんなところに。・・ヨシヨシ。」と、ちょっと楽しい。

 

 微妙なフリーのトラバースも若干入ったりするが、本日は岩が乾いていてコンディションは良好。

 

 そのままブッシュの中の踏跡に入る。

 支点が少なくなるので、ブッシュの手前で切ってしまうパーティーも多いようだが、おそらく届くだろうと、上のバンドまで一気に伸ばす。

 50mギリギリだったが、何とか中央バンドの立派な支点まで届く。

 ガイドブックなどではここまで通常7ピッチと書かれているが、結局、我々は5ピッチで来てしまった。(ラッキー!)

 4P目、フォローの私 5P目の私。この後、ルートは右へ。

6P目 バンドのトラバース 15m U-

 夏のこの時期、中央バンドは草ボウボウ。普通に歩いてバンドの左端まで移動する。

 右端にある岩小屋「ホテル丸山」も当然周りを草に覆われ、この時期泊まるとしたら虫対策は必至。あまり快適とは言えないだろう。

 (半袖で登っていた私は、ここまで来る間に腕をブヨに刺されてボコボコにされた。)

 

7P目 フェース 25m A1、W+

 私がリード。

 バンド左端から凹角右の垂壁を人工で直上。

 出だしはフレークをアンダーで持ってハングっぽい体勢になるが、支点はすぐ上にあるので、特に問題なし。

 アブミでそのまま上がっていくと、ちょっとボルトの間隔が遠い所がある。

 

 ストンと切れ落ちた垂壁の上部で、フレークをレイバックで上がらなければならない所が一ヶ所。

 (ゲッ!ここでフリーかよ。)

 高度感もあり、ちょっとビビる。

 「(ビレイ)頼むよーっ!」と下のju9cho氏に声を掛けるが、はたしてうまく伝わっているかどうか。

 

 思い切って上がって、ハングの根元でピッチを切る。

 ガイドブックでは下の中央バンドから一気にハングの上まで1ピッチ45mで捉えているが、ロープの流れや体力の消耗、それにお互いの写真を撮り合うなら、絶対途中でピッチを切った方が良い。

 ただ、ここもまたまたハンギング・ビレイで、ハーネスに締め付けられた腰がけっこう痛い。

 7P目、垂壁をリードする私。 大ハング直下でピッチを切る。

8P目 ハング 25m A2

 ju9cho氏リード。

 いよいよルートの核心部。それなりに飛ばしたおかげでタイム・リミットの正午までは十分余裕がある。

 ハングは左斜上する形で、イメージ的には丹沢・広沢寺の大ハングと似た要領。でも支点の位置と間隔はこちら「丸東」の方がいくらか手軽で素直である。

 ju9cho氏は落ち着いた様子でハングを乗り越え、夏の青空をバックにしたそのシルエットはなかなかサマになっている。

 本人が言うには「メトリウスのイージー・デイジー」が予想以上に活躍したらしいが、うーん、お見事です。(私も買おうかなー。)

 

 やがてハングを越え、その向こうに姿が消えて、しばらくするとコールが掛かる。

 続いて、私

 確かに支点の数は多く、A2といってもそれほど厳しいものじゃない。

 それでも、ここまで来る間に若干腕がパンプしてきていたし、ハングの所ではフラつくアブミのプレートに乗せる足が滑ったりして多少ジタバタしてしまった。

 (リード、お願いしといて良かった。)

  

 疲れて途中二回ほどフィフィを使ってレストなどしながら終了点に到着。

 この先もルートは続くようだが、多くのレポで

 「残り2ピッチは木登りが多くて、スッキリしない」

 「懸垂で同ルートを降りるならハング上で終了した方が正解」

 といったようなことが書かれており、我々も下山を考えるとちょうどタイム・リミットなのでこれにて終了とする。

 大ハングを越えていくju9cho氏。キマってます! ハング上、終了点に到着した私。

 下降はそのまま懸垂下降。

 まずは中央バンドまで40mの空中懸垂。

 眼下に数百mの空間が広がる。いやぁー、イイ眺めです。

 

 バンドを右に移って、さらに懸垂を繰り返す

 懸垂支点はどれもしっかりしていて(ハンガーボルト、捨てビナ付き)、心強い。ほとんどまっすぐなのでロープの回収もえらい楽だ。

 ただ、夏の時期の空中懸垂は思いのほかロープや下降器が熱を持ってしまうので要注意。

 グローブを持ってこなかった私は、万が一、熱くて手を離しても大丈夫なようにプルージックでバックアップを取り、その上で火傷をしないようソロリソロリと下っていった。

 青空をバックに懸垂下降。 懸垂は全部で5回ほど。 登攀終了。

 都合5ピッチで、今朝出発した取付へ、ドンピシャで到着。

 結局、登り約6時間半、下りは1時間半。

 まぁ、「丸東」初見参でこの暑さの中、けっして早くはないけれどオヤヂ二人組にしてはまぁまぁ許せる範囲のスピードではないでしょうか。

 取付にデポしておいた「プラティ・パス」の水を飲むと、しっかりお湯になっていた。

 

 そのまま下ってベースを撤収。

 往路で問題なく通過できた雪渓はこの三日間でだいぶ解けてしまい、縁がシュルンドとなってしまって通過不可能。

 しかたなく左岸の支流を大きく高巻く形でガレ場をクリアする。

  ベースの撤収 黒部川を眼下に見ながら下山。 お疲れさんでした〜。

 最後、黒部ダムへはおなじみ「試練の灼熱登り」。暑さの中、ヘロヘロになって到着し、再び握手を交わす。

 いろいろあったが、終わりよければ全てヨシ・・・とりあえず「夏休みの宿題」をまた一つ片付けることができた。

 お疲れさまでした!

 

 帰りはおやぢれんじゃぁ御用達(?)、大町温泉郷の「薬師の湯」で汗を流す。

 

p.s.フリー全盛の昨今、人工主体の丸山東壁は人によっては「興味薄」かもしれないが、高度感に溢れた空中散歩はアルパインならではの爽快感がある。

ルートのポイントとしては、1ピッチ目は直上から最後はやや左に上がる。そこから上はほぼまっすぐ。ピンも豊富でまず間違える心配なし。

中央バンド手前のピッチは途中からどんどん右へトラバースしていくことを忘れずに。ビレイはほとんどハンギングとなる。

ギアとしては、「緑ルート」は残置が豊富なため、手持ちのハーケン、ボルト類はお守り程度で十分。カムは不要。

私のグリップフィフィは現在、入手は非常に困難だが、背の低い人はチョンボ棒、またメトリウスの「イージー・デイジー」はハングではかなり楽と、他の記録にもありました。

ウェアは、ブヨが多いので、できれば暑くても長袖シャツで。(でないとアチコチ刺されてボコボコになります)。空中懸垂が多いのでグローブも持っていった方がいいでしょう。


山行記録 

 Top Page