冬の八ケ岳 権現岳東稜

 

日程:2007年2月10日(土)〜12日(祝)

同行:安藤氏(Heaven Site

資料:「チャレンジ!アルパインクライミング」(廣川健太郎著・東京新聞出版局)ほか

色字下線部分をクリックすると図が表示されます。


昨年の冬、深雪のため予想以上のラッセルを強いられ時間切れ敗退となった権現岳東稜。

今回はそのリベンジで、パートナーはもちろん前回と同様、安藤さん。

とにかくこの「宿題」を片付けないことには先には進めない。

 

一日目 天候:快晴無風

美しの森駐車場12:45−出合小屋15:10−権現東稜取付まで偵察−出合小屋17:00

 

午前中の特急でまずはJR中央線・小淵沢駅で落ち合い、そのまま小海線の清里駅へ。

予約しておいた高根タクシーで、いつものように登山口の「美しの森」駐車場へ向かう。

例年、この時期なら辺りは雪景色のはずなのだが、今シーズンはまるで雪が無く、運転手さんも「この暖かさは異常だよ。」と言っていた。

それでも遠望する八ヶ岳の山々はやはり白く、上の方はそこそこ雪はあるようだ。

 

軽く腹ごしらえをし、オーバーズボンにスパッツを付けて出発。

小春日和の陽気で、冬山の厳しさなどまるで感じられない。

林道はところどころ雪が溶け地面が剥き出しになっているほどで、ペースもはかどる。

途中、東京のD山岳会の五人パーティーと会い、挨拶など交わしながら進む。

谷沿いの道へ入り堰堤から先になるとそれなりに雪の中のトレースとなる。

出合小屋まで二時間ちょっとでたどり着く。

出合小屋への道

小屋の中には既にテントが張られていたが、幸い我々にもスペースを空けてくれた。

先客は天狗尾根の二人組と上ノ権現沢にアイスに来たという「Bの会」の二人組。

それに権現東稜を目指すD山岳会の五人と我々二人が加わり、小屋の中は計4組11人で満員となる。

その他にも外でテントを張っている男女四人組がいて、こちらも権現東稜を目指すとのこと。

 

昨年と違って今回はトレースもばっちりとBの会のメンバーが教えてくれたが、まだ時間も早いので、心配性の私は散歩がてら空身で下見に出かける。

たしかに先行パーティーがいるようで、小屋から例のゴルジュまでは30分ほど。

東稜へ上がる右手の雪崩れそうな斜面も雪がよく締まっており、条件はなかなか良さそうだ。

斜面を上がりきった所で今来た道を引き返し、17時に小屋に戻る。

軽く偵察のつもりがちょっと帰りが遅くなり、安藤さんにいらぬ心配をかけてしまった。

 

とりあえず、明日の健闘を祈って軽く乾杯。早めにシュラフの中に潜り込んだ。

 

二日目 天候:小雪のち時々晴れ

起床3:00(待機)−出発5:40−権現東稜上部ギャップ10:00−バットレス下渋滞12:00〜14:25−東稜終了点18:00−権現小屋18:30ビバーク

 

起床は午前三時。

ちょっと早いかなとも思ったが、昨年の時間切れを思うと今回のルートはそれなりに長丁場ゆえ行動は早いに越したことはない。

マーボー春雨の朝食を済ませ、四時には出発と考えていたが、外へ出てみると先ほどまでの月明かりは雲に隠れ、けっこう本格的に雪が舞い、風が唸っている。

うっ、もしかしてまた敗退?・・・明るくなるまで今しばらく様子を見ようと小屋の中で待機する。

 

しばらくして他パーティーもごそごそと起き始めたので、我々もとにかく行ける所まで行ってみようと出発する。

昨年よりは先行者のトレースが確認できるはずと、今回は一日で抜けるつもりで最低限のビバーク用具・ガチャ類と装備を絞り、軽量速攻で臨む。

 

少し前に外のテント四人組も出発したばかり。ヘッドランプを照らしながら雪のトレースを追う。

暗くても道に迷うことはないが、ただこの一晩で思ったよりトレースが埋もれてしまったようだ。

旭東稜への分岐を分け、ゴルジュ手前まで来た時にはけっこう足が潜るようになってきたので、念のため私がワカンを取りに一旦小屋へ戻る。

 

小屋からワカンを持ってきて、安藤さんとはゴルジュを抜けた所で再び合流。

「マイペースで行きましょう。」と言って、私が右手の急な斜面を先行する。

雪の斜面を登りつめ、最後ワンポイントだけちょこっと嫌らしい木登りをこなすと、そこが権現東稜のほぼ末端。

 

東稜下部は木登り混じりの急な壁や怖くはないが細い雪の小リッジ、さらに雪が深いとラッセルが非常に厳しい急斜面が樹林帯の中、続いている。

先行者のトレースはあり、昨年よりずっと楽で早いことは確かだが、それでもやはりしんどい登りだ。

樹林の陰に我々より先に出発した四人組の後ろ姿がチラチラ見えるが、なかなか追いつけない。

東稜のラッセル ギャップ手前の急斜面

上部バットレスがようやく近づいてきたなという所で、先行パーティーに追いつく。・・ん?先行は四人かと思ったら、さらにその前に二人。

どうやら昨日、東稜上にテント張ったパーティーは朝一からラッセルを強いられたらしい。

さらにその前に二人いて、後から追いついた我々も交えて順番にラッセルを請け負うことにした。

皆さん、けっこうツワモノ揃いで、大きなザックを背負いながらもトップに立つとなかなかすぐには交替せず、自分のノルマをしっかり果たす。

 

うっ、そろそろ自分の番。

20mも進まないでヘバったらどうしようと不安にかられていたら(^^;)、突然、前がストップ。

どうやらバットレス下のギャップに早くも辿り着いてしまったようだ。

先頭にいた二人組が「自分たちはここからロープ出します。」と後続に伝え、結局そこから一組ずつスタカットで登ることになった。

我々の前には計8人。我々が五組目で、そうこうしている間に小屋で一緒だったD山岳会の五人組も追いついてきた。

 

1ピッチ目(20m、V)

細い雪のリッジ。私がリード。

一番最初のパーティーがやけに慎重に登っていて、けっこうヤバそうに見えたが、次のパーティーはノーザイルで抜けていき(これはこれで落ちた時の保障がないので怖そうだったが)、はたしてどんな感じかなと取り付いてみると意外と楽だった。

途中、潅木の枝などにランナーを取り、安藤さんを迎える。

 

2ピッチ目(30m、V)

半分凍った急な草付壁。安藤さんリード。

それほど難しくはないが雑に登ると落ちるので、ここもロープを付けランナー取りながらの方がいいだろう。Wアックスで一気に登る。

抜け出た所でようやく視界が開け、バットレスがすぐ頭上に現れる。

ここまで来るとほんの1ピッチのこじんまりとした岩場といった感じで、バットレスといいつつも何となくショボイ感じがしなくもない。

バットレスを見上げる 岩場の手前で待機

ところが、ここから先がいよいよルートの核心となるようで、先行パーティーがちっとも動かなくなり、大渋滞となる。

雪の細いバンド状の所で順番を待つが、とにかく動かない。

上部パーティーの様子もわからず、ただひたすら待つ。我々の後ろのD山岳会も相当ヤキモキしているようだ。

 

待っている間に、まったくとんでもない方向から今朝小屋で一緒だった「Bの会」の二人組が「ここ、どこですかぁ?」と現れる。

彼らは上ノ権現沢でアイスをしてから支尾根を上がってきたようで、そのまま懸垂で権現東稜を下っていったが、何とも身軽でなかなか凄いと思った。

 

まぁ、そんなことより問題はこの渋滞。

ロープを出し始めてからまだ2ピッチしか登ってないのに、もう四時間近く経とうとしている。

さすがに心配になり「午後2時になっても動かないと、我々もヤバイですよ。」と水を向けると「いや、もうここまで来たら上へ抜けるも下へ降りるのも一緒でしょう。」と跳ね返すように安藤さん。

その言葉の裏には「ここまで来たら絶対に完登」という強い意志が感じられた。

ふと漫画「スラム・ダンク」の中で「攻め気を忘れないように。」と流川が言っていたのを思い出す。

岩場の途中で暗くなることは絶対に避けたいが、ここまで来たら・・・わかりました、行きましょう!

結局、我々の後ろにいたD山岳会は諦めて下っていった・・。

 時間切れで退却するD山岳会 

3ピッチ目(25m、W+?)

バンドを左にトラバース〜凍った草付垂壁〜カンテ状フェース。

ようやく前が動き出し、私がリード。

先行パーティーも言っていたが、バンドを左へトラバースした後の草付壁の直上が悪い!

ピックを凍った草付に打ち込むも、それを頼りに身体を持ち上げようとするとはずれてしまい、二回ほどプチフォール。

満足なランナーも取れず「ゲッ、もしここ登れなかったらどうしよう?」とアセるが、何とか三回目でクリア。

 

その上のカンテ状フェースは、そこそこ立っている上、ホールドは半分雪に埋まっている感じで、けっこう厳しい。

以前、阿弥陀北西稜で指に凍傷を負ったことから、今回はパタゴニアのWのグローブで臨んだが、ホールドに自信が持てない。

しかたなく二手ほど右のグローブを口にくわえ素手でこなし、何とかビレー点に到着。

その先でまた渋滞。安藤さんには再びしばらく待ってもらう。

雪の条件さえ良ければ左手のルンゼへエスケープも可能らしいが、今日の不安定な状況では無理だろう。

 

既存の支点はグラついているので、手持ちのハーケンを一本打ち足し、安藤さんにコールする。

長い待ち時間で冷え切ってしまったようで「手がヤバイ」と下の方で叫んでいる。

それでも何とかがんばって上がってきてくれた。

 3ピッチ目カンテ状フェース

4ピッチ目(25m、W+〜X−?)

外傾したトラバースから凍った草付フェース。安藤さんリード。

ここが一番厳しかった。

まずはカンテを左に回りこむのだが、岩が外傾していて何とも不安定。

安藤さんには黙っていたが、先ほど先行パーティーのトップが強引に直上しようとして落ちたのを私は見ていた。

トラバースを何とかクリアし、そのまま直上していくと安藤さんの姿は見えなくなる。

「・・支点が全然無いっ!」「すっごいランナウトしてるよぉっ!」

悲鳴にも近いボヤキが聞こえるが、こちらにできることと言えばただロープをゆっくり送り出し、「頼むから抜けてくれ」と祈るばかり。

次第に風も強まり、辺りは薄暗くなってきた。

 

ようやく支点が見つかり、コールがかかる。

フォローするが、たしかにかなり悪い。ホールドはほとんどすべて外傾しているか雪に隠れ、草付に刺すピックもなかなか決まらない。

私などはフォローながら二回ほどテンションかけてしまう。

この10mの恐怖のランナウトをリードするとは安藤さん、さすがです!

「よく登ったねー。」と言うと、「いやぁ、ここはもう自分ではなく、自分の守護霊さまが登ったって感じ。」と放心?した様子。

私だったら泣きが入っていたかも・・?

 4ピッチ目終了してビレーする安藤氏 

5ピッチ目(35m、V)

草付フェース。私がリード。

前2ピッチに較べれば全然楽。

1〜2ケ所ほど凍った草付がイヤらしい所があり、雑に登ってはいけないが、とにかくスピードを上げる。

出口の太い潅木にセルフビレーを取り、肩絡みで安藤さんを迎える。

 

その上は簡単な雪稜が3ピッチほど。

ロープを引きずったままコンテで登る。

西の方角にかすかにオレンジ色の残照が見えるだけで、ほとんど真っ暗。遠く下界の夜景が見える。

最後は気持ち良い雪稜が続くだけに写真を撮れないのが残念だ。

 

終了点でロープをはずし、急いでヘッドランプを点ける。風が強くなってきて、ちょっとヤバイ。

前のパーティーはブロックの陰に早くもテントを張っていた。

我々も早くどこかへ避難しなければ。

 

今この時間から旭岳を越えてツルネ東稜を下るのは無理。

冬季小屋があるという青年小屋への下降も考えていたが、行く手に黒々とした三角形の険しいピークが見え、あそこを越えていくのかと思うと二の足を踏んでしまう。

とりあえず、どこかから入り込めないかと頂上直下の権現小屋へ向かう。

しかし、頑丈に戸締りされていて中に入るのは無理。

風の向きを考えて南側の外壁にへばりつくようにしてツェルトを張る。

アイゼン、ハーネスをはずして、まくれ上がるツェルトの中に潜り込んだ。

覚悟はしていたものの、まさかの冬のビバークである。

 

ガスを点け、昼間の残りのポカリを温め直す。一つのコッフェルでマルタイ・ラーメンを回し食い。

学生の頃は何度か厳しい条件下で経験したものの、こういった切羽詰った感じのものは久しぶりだ。

ただ、二人とも体力と気持ちの上では十分に余裕があり、悲壮感はまったくない。

 

今回はお互いに持ってきていたインナー用のダウンジャケットが非常に役立った。

靴紐を緩め、そのまま薄いシュラフ・カバーに入り込むと後はただ朝を待つだけ・・・。

 ZZZ・・・ 死んでるわけじゃありません

 

三日目 風雪のち快晴

権現小屋7:45−ツルネ9:00−出合小屋12:00〜13:00−美しの森駐車場14:50

 

ザックに付けた温度計でマイナス12度前後。それでも夜は意外と眠れた。

時折、強い風と寒さに身を縮める思いをしたが、十分に睡眠をとれたようだ。

朝5時に起き、ココアと行動食で簡単な朝食。出発準備を進めるが、外はあいにくガスで視界が悪く、風も若干強い。

しばらく、そのまま待機し、頃合いを見計らって出発する。

 

稜線に出ると冬の八ヶ岳特有の強い西風に吹かれ、飛び交う雪のカケラに睫毛が凍りつく。

権現岳直下の長い鉄梯子を下り、旭岳を越え、ツルネ東稜の樹林帯に入って、ようやく人心地ついた。

朝のうちは風雪混じりだった天候もこの頃には青空が広がり、天狗尾根から赤岳、そして旭や権現の白いリッジが美しい姿を見せてくれる。

権現岳の鉄梯子 ツルネに向かって縦走路を行く

下山はツルネ東稜。

昨日、我々の先にいた中年男女ペアに先導してもらうように下山する。

それにしても、このお二人がなかなか凄かった。

テント二泊でけっこうな重装備ながら、歩くスピードはとても早く、技術もまったく安定している。

「冬のビバークってよくやるんですか?」と聞かれたので、向こうは向こうで我々のことを呆れて見ていたのかもしれないが・・・。

 

ツルネ東稜は途中のトレースに騙され、支沢に入り、凍ったルンゼを懸垂二回ほど強いられるが、特に問題なく切り抜ける。

アイゼンにまとわりつくダンゴ雪にヘロヘロになりながら出合小屋着。はぁー、疲れました。

一時間ほど休憩及び後片付けをして、美しの森駐車場へ。再び重くなったフル装備を背に歩く最後の林道は相変わらずしんどかった。

 凍ったルンゼを懸垂下降

 

p.s.権現岳東稜は、核心部こそせいぜい2ピッチと短いが、そこへ至るまでの深雪のラッセル、下山までの長丁場、少ない支点と雪が付いた時の岩場の悪さ・・・と、なかなか厳しい。

少なくともこれまで登ってきた西面の小同心クラックや中山尾根よりは1ランク上。総合的な力が求められるように思う。

個人的にはこれで八ヶ岳東面・冬の四課題(旭岳東稜、天狗尾根、赤岳東稜、そして今回の権現東稜)は完結。

パートナーの安藤さんにはたいへん感謝!である。

 


 山行記録 へ
 Top Page へ