2018.1.1

生きたコトバ

◎会員3名以上で支部を作ると講師が派遣されます。詳細は入会案内を参照。
(会員はどの部会・支部にも参加できます。本部例会は毎月土曜午後です)

◎新年コトバ総合勉強会【スピーチ特集】―今年はどんなコトバ勉強をするのか、コトバと社会について考えてみませんか。テキスト『日本のコトバ36号』▼参加希望者は1月18日(木)までに申し込み。会費500円(茶話会)●時と所:1月20日(土)13:30-16:40えびす区民会館(JR恵比寿駅下車)●内容(1)13:30-小説の会=「鮨」江田玲子さん(2)15:00-スピーチ大会=スピーチと話し合い(3)16:00-リレー表現よみ「世界の未来を語る演説」

●表現よみの会-1月6日(土)13:00-15:00神宮前センター(原宿駅表参道口)
 表現よみ練習「吾輩は猫である」各自テープ録音持参。参加者の共同助言
●話し方教室―1月6日(土)15:10-17:00神宮前センター(原宿駅表参道口)
 (1)原稿(スピーチ)持参(2)全員スピーチ(3)共同助言/田中積さん
●文章教室・ユーモア学会―1月13日(土)14:00-16:30神宮前センター(原宿駅表参道口)(1)『文章添削の教科書』20章文章のテーマ展開・細井郁秀さん(2)『あゆみ』吉川幸男作品助言(3)ユーモア学会=ベルクソン『笑い』鈴木富男さん
●小説の会-1月20日(土)新年勉強会に合流します。
●文法学会・言語心理-1月20日(土)新年勉強会に合流します。
●コトバ総合・言語心理-(1)音声言語-1月27日(土)14:00-神宮前センター「詩のよみ研究」細井郁秀さん(2)『芸術とは何か』読書会-24日(水)19:00-神宮前
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜東京周辺支部の例会〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼むさし野−1月16日(火)13:30-15:30小高宅0422-42-9182(三鷹市下連雀)
  表現よみ/小川洋子作品/助言/倉田明子さん
▼津田沼-9:30-11:45東部公民館(JR津田沼駅歩3分)1月9日(火)文章教室『文章添削の教科書』佐藤桂子さん、1月16日(火)表現よみ「夢十夜」江田玲子さん
▼日野コトバの会-1月13日(土)13:30-16:00平山地区センター(平山城址公園駅下車)表現よみ=重松清「また次の春へ」助言=内藤昭江さん
▼しながわ-1月8日(月)14:00-16:00きゅりあん3F(JR大井町駅前)
  (1)表現よみ・漱石「硝子戸の中」(2)文章トレーニング(3)文章助言/渡辺知明さん
▼川崎多摩朗読の会-1月5日(金)13:30-16:00多摩市民館(小田急向丘遊園駅)表現よみ/個人よみ・井上和子さん/リレーよみ「吉野山」渡辺知明さん
▼川崎多摩表現よみの会-1月19日(金)13:30-16:30多摩市民館(小田急向丘遊園駅)表現よみ/太宰治「黄金風景」助言・渡辺知明さん
▼朝霞えんぴつ―1月13日(土)10:00-12:00朝霞市中央公民館(東武東上線あさか駅)(1)表現よみ「坊っちゃん」(2)文章助言/鈴木富男作品/助言田中積さん
▼えびな―1月18日(木)13:45−16:00海老名市文化会館(海老名駅西口)(1)発表会個人よみ作品練習、(2)組みよみ「貧の意地」助言・渡辺知明さん

◎区民会館案内地図 | えびす | 神宮前 | 新橋 | 千駄ヶ谷 | 代々木八幡

お知らせいろいろ

渡辺知明著『文章添削の教科書』(2015芸術新聞社1,944円A5判218頁)「添削」によって、文章の読み・書きの能力、ことばで考える力をつける本▼ご注文は芸術新聞社へ。


◎日本コトバの会の基礎理論の図――コトバの網の図。解説はコトバの網とコトバのはたらき参照。

《新刊》思考力を高める文章指導法―教師と子どもの文章入門(2版) 日本コトバの会編
頒価600円(送料共)A5版64頁
●もくじ=文章力と言語論理能力/単語とコトバの体系/文作りの心理と論理/文章の「時間と空間」/文と文とのつながり/理論文の展開(1)説明/理論文の展開(2)論証/文学文の展開(1)描写/文学文の展開(2)物語/文章の書き方・まとめ
◎お申込みは郵便振替で代金納入(500円)
あゆみ 73号 日本コトバの会編
頒価640円(送料共)A5版64頁
●歩くことを忘れなかった足/青島 宏●健坊と母ちゃん/江田玲子●義兄信彦さんのこと/大倉庸子●出会いの人/川島喜代子●富士山の見える病室/佐藤桂子●荒れ地のコスモス/人身事故/塩田全美●テレビ録画に奮闘す/杉井紀子●蕗の薹/鈴木富男●クサリ場/タナカセキ●お父さん僕だよ/浜野元子●私の名前はアントンです/原嶋邦雄●小指の思い出/細井郁秀●女学生/渡辺知明●人生は思いどおりにならぬもの!(3)浩人
◎お申込みは郵便振替で代金納入
(5冊2500円)