長野城 ながの

  

【左:本丸跡ある畝状竪堀群 右:二ノ丸の土塁と曲輪】

北九州市 小倉南区 長野

築城:保元二年(1157年) 平 康盛

平康盛氏は、左大臣:平時盛の六男で

豊前の国司となる。後に長野氏と名乗り

平家滅亡後 豊前守護職から

豊前・企救郡の地頭職となる

五つの支城を築き一族の守らせた

戦国時代 長野氏は毛利氏に属していたが

大友宗麟の軍勢に攻められ 大友氏の軍門に降る

永禄十一年(1568年)毛利軍に攻められ

長野城は落城した。その後長野氏は

筑後に国替えに命じられ 長野城は廃城となる