許斐岳城 このみたけ

 

【左:許斐岳城本丸跡 右:馬場跡】

宗像市王丸

別名:許斐城

築城:大治5年(1130年)宗像氏平

天正11年(1583年) 大友軍は、

立花道雪 高橋紹運率いる3000の兵で

許斐岳城を攻めた 宗像軍は当時の大宮司 

氏貞自ら2000の兵で大友軍に一戦交えるが 宗像軍は敗北

氏貞は、白山城へ逃げ込んだ

許斐岳城は大友軍に囲まれ 城主は逃げ 落城した

天正十四年(1586年)宗像家が断絶後

許斐岳城も廃城となった