大三ヶ岳城 おおみつがたけ

  

【左:大土塁跡 右:大堀切跡】

北九州市小倉南区辻三

築城:弘安年期(1278年〜88年)長野種盛

大三ヶ岳城は 長野城の支城の一つである

永禄11年(1568年)

毛利元就は、5万の兵を九州上陸

吉川元春、小早川隆景を総大将し

長野氏の諸城を攻める 同年9月5日

大三ヶ岳城を攻める 城兵は1000名で防ぐが

耐え切れずに落城した