猫 城 ねこ

 

【左:猫 城本丸跡 右:猫 城遠望】

中間市上底井野

別名:月瀬城

築城:不明

天正8年(1578年)猫 城は宗像大宮司の領地であった

鷹取山城主 毛利鎮実が、立花山城主、立花道雪と謀った

毛利鎮実は宗像家の端城攻めてる時に宗像氏貞を

蔦岳城から誘き寄せ、立花道雪が蔦岳城を攻める手立て立てるが

蔦岳城からの援軍が到着し毛利勢は不意つかれ敗退し

立花山城の立花道雪は毛利勢の敗退を聞いて兵を引き揚げた

宗像家は、秀吉の九州平定後、病死し断絶し

猫 城も廃城となる