麻底良城 まてら

 

【左:麻底良城入り口の石碑 右:麻底良城本丸跡】

別名;左右良城

朝倉市志波

築城:天文年期(1532年〜55年)秋月氏

麻底良城は筑後・豊後の押さえの城として築いた出城であった

慶長5年(1600年)黒田長政が筑前入国

麻底良城は、伊東雅樂助が城代となる

雅樂助は長政の父、如水が攝津伊丹城主:荒木村重に

幽閉された時に 助け出した武将である

麻底良城も筑前六端城の一つである