益富城

 

【左:益富城本丸跡と虎口 右:本丸にある石垣、上は土塁】

嘉穂郡嘉穂町中益

別名:大隈城

築城:永亨年期(1429年〜41年)大内盛見

天正15年(1587年)益富城は、秋月種実の隠居城だった

同年・豊臣秀吉が九州討伐に入り

豊前・岩石城が1日で落城

種実は戦わず、益富城を破壊して古処山城に退却した

秀吉は益富城に入り、破壊された益富城を一晩で修築し

古処山城にいた秋月種実・種長親子は、降伏した

慶長5年(1600年)黒田長政が筑前に入国 後藤又兵衛が入るが

すぐに出奔し、鷹取山城主だった 母里太兵衛が入る

元和元年(1615年)益富城は廃城となる