福岡城 ふくおか

 

【南多聞櫓】

福岡市中央区城内

別名:舞鶴城

築城:慶長七年(1602年)黒田長政

慶長5年(1600年)関ケ原の合戦 徳川家康の勝利で

功績挙げた 黒田長政は

豊前18万石から、筑前一国(52万石)与えられた

名島城が手狭な為、福崎に新しい城を築いた

七年後に完成し、47の大小の櫓を設けたが

壮大過ぎて幕府から警戒され 、天守閣の建設は断念した