岩熊城 いわくま

【城代跡と土塁】

京都群勝山町岩熊

築城:不明

永禄十一年(1568年)6月岩熊城は毛利家の出城であり

入田丹後入道 城井左馬助 安東三郎に攻められ岩熊城は落城した

同年9月には毛利軍5万の兵が九州上陸

大三、小三ヶ岳城、等覚寺城など落城した。いわゆる長野成敗である

長野助盛は豊後に逃亡した