広幡山城 ひろはたやま

 

【左:広幡山城遠望 右:城跡の石碑】

築上群椎田町水原

築城:年代は不明 宮原中将

天正一五年(1587年) 宇都宮家 家臣

瓜田春永が黒田家に降り 城井攻めの先導役と果たす

広幡山城はその後、廃城となる