小佐々城 こさざ

 

西海市大瀬戸町多比良内郷

築城:室町時代 小佐々氏

別名:小佐々水軍城

小佐々氏は、宇多天皇を太祖とする

近江源氏:佐々木近江守満信が長男の備中守持信に家督を譲り

次男の源次左衛門時信や一族を伴って 肥前小佐々に下向し 

名を小佐々氏と称した

天正15年(1587年) 豊臣秀吉による 九州出兵に際して

小佐々氏は積極的には協力しなかった事で 小佐々城も廃却となる

文禄・慶長のでは、小西行長軍に供出したが

参戦には、消極的で 小佐々氏の領地は、大村氏の領地となり

家臣団入りすることとなる